ホフディラン、無料で新曲あげちゃいます

ツイート

ホフディランが、9月26日に新作「愛しあって世界は回る」の完全無料配信をスタートした。

◆「愛しあって世界は回る」ジャケット画像

CDが売れない昨今、楽曲の定額配信サービスも始まり激変している音楽業界。ミュージシャンが、今後のリリース方式についてあれこれ悩んでいる中で、「自分たちの音楽をできるだけ多くの人に聴いてもらうにはどうしたらいいだろう?」と考え抜いた末にホフディランが選んだ方法は、究極のシンプルスタイル“無料であげちゃおうよ!”だ。

海外では、ウィルコが最新アルバムをまるまる無料配信リリースするなど話題になっているが、日本ではまだ例の少ない無料ダウンロード。売り上げはもちろん大事だが、「聴かれてこそ音楽」という原点に帰り行なわれる今回の企画は、「まずは聴いてほしい!」という純粋な気持ちの表れであり、「聴いてくれれば絶対に気に入ってくれるはず!」という楽曲への自信の表れでもあるとのこと。

本作「愛しあって世界は回る」は、「恋はいつも幻のように」や「SEASON」などのホフディランの代表曲に通じる、メロディーメイカー小宮山雄飛(Vo)が本領を発揮したポップソング。レコーディングメンバーには、お馴染みのTHE THRILLの田中ゲンショー(Dr)、salyuのサポートでも飛び回る北田マキ(B)、ヒックスヴィルの木暮晋也(G)、真城めぐみ(Cho)が参加。歌詞は、個人の強い想いや身近な出来事を、最終的に人類全体のラブ&ピースの物語にまで昇華させた、雄飛節全開に仕上がった。

なお、本楽曲は個人でのダウンロードはもちろん、コピーして友人へ配ったりYouTubeでシェアしたり、さらには番組やCMなどでの使用も可能となっている。営利目的での楽曲使用は申請が必要なのでご注意を。

▲「愛しあって世界は回る」ジャケット画像

▲特設ダウンロードサイト QRコード

「愛しあって世界は回る」

2015年9月26日(土)無料配信
特設ダウンロードサイト:http://hoff.jp/ai/

<ホ二人旅>

10月29日(木)渋谷WWW ホ二人+ドラムまつり
11月3日(祝)山形 ホ二人×夢灯り
11月21日(土)新潟 LIFE
11月23日(祝)静岡サールナートホール
12月6日(日)名古屋 楽運寺
12月11日(金)札幌 musica hall cafe
12月13日(日)博多STEREO
12月20日(日)神戸 FELICE TRANSMIT FLOOR HARBOR
12月22日(火)岡山 城下公会堂
12月23日(祝)高松 element
12月27日(日)京都府庁旧本館正庁

ツアー特設サイト:http://hoff.jp/e/tabi15/

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス