『映画 みんな!エスパーだよ!』前夜祭で染谷将太がDJ初披露、真野ちゃんはあやや歌う

ツイート

園子温監督、染谷将太主演の『映画 みんな!エスパーだよ!』が、9月4日から全国公開となった。公開前日の9月3日には、前夜祭として都内のライブハウスにて<エスパーナイト>が開催。監督&主要キャスト、そして本作の世界観を彩るアーティストが集結し、300人の一般客らと、歌あり、トークあり、DJあり、何でもありの3時間に渡るスペシャルな一夜を過ごした。

◆<エスパーナイト>画像

輝さん(マキタスポーツ)の軽快なトークで展開されていったこのイベント。唯一このイベントに参加できなかった浅見教授役の安田顕からメッセージ動画が流されたほか、池田エライザによる「丸の内サディスティック」、真野恵里菜の「Yeah!めっちゃホリディ」、高橋メアリージュンによる「for you」のマジ歌披露も実施。なお、池田と高橋は本イベントが生歌初披露となった。

染谷、真野、エライザ、マキタによるクロストークでは、人前でのライブは初めてだというエライザに「ここに集まった男子は全員、エライザの“初めて”をもらったということになりますね。」とマキタスポーツが言い出して、会場は爆笑。映画撮影中に豊橋で行なった記者会見での映像を振り返る場面では、「エロい現場にもびっくりでしたが、一番驚いたのはそれに慣れてきた自分でした。パンチラは恥ずかしい気持ちをあえてごまかさずに、恥ずかしいまま体張りました!」と明かすエライザに、マキタも「エライザはほんとに真面目で素晴らしい。真野ちゃんも真面目でトークが本当に上手。……真面目な子のパンツの方が見たくなるよね。」と“マキタ節”を炸裂させながら、本作のダブルヒロインを絶賛した。


その他にも、シークレットゲストとしてOL Killerのスペシャルライブや、役柄上、セリフが異様に少なかった柾木玲弥が、特技のボイスパーカッションを披露。そして染谷将太がDJ初挑戦。初めてとは思えないプレイで「THE OTOGIBANASHI'S - Year 1993 feat. MC S.MTN」「戒厳令」、そしてドラマ版『みんな!エスパーだよ!』エンディングテーマ「夜間飛行」で会場のボルテージを最高潮にする。突如のビッグ・マグナム(深水元基演じる榎本先輩がボンテージ衣装を身にまとって、自称ヒーローになった時の呼び名)乱入、マキタや柾木も熱狂パフォーマンスを繰り広げた。


さらに、園子温監督が今野杏南、星名美津紀、篠崎愛、星名利華をはべらかせながら満を持して登場。神楽坂恵がステージ裏に控える中、「僕の愛人たちです。」と何食わぬ顔で紹介する園監督に、マキタも思わず「奥さん裏にいるのに大丈夫?(笑)」とヒヤヒヤ。

そしてこれまたシークレットゲストの高橋優が映画版の挿入歌でもある「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」を熱唱すれば、永野輝光&マキタスポーツ presents Fly or Dieが「LOVE ME TENGA」をライブ初披露して会場に巻き起こる「TENGA!」コールの嵐。石崎ひゅーいは、ドラマ版『みんな!エスパーだよ!』エンディングテーマ「夜間飛行」を熱唱した。

エンディングでは、マキタの呼びかけに、ステージに改めて登壇者全員が再登場。そしてこの日、23歳の誕生日を迎えた染谷将太へバースデーソングのサプライズプレゼントも。「(皆の歌の)勢いに圧倒される。」と染谷は苦笑いを浮かべながらも、「ありがとうございます。本当にうれしい」と笑顔で感謝した。

『映画 みんな!エスパーだよ!』

9月4日(金) TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー
(c)若杉公徳/講談社 ©2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報