モトリー・クルーのニッキー・シックス(B)が、彼らのコンサートに来て、ケータイでずっと撮影し続けているオーディエンスに怒りをぶつけた。前列にそのようなファンがいたようで、彼らを“バカモノ”“能なし”と呼んだ。

◆ニッキー・シックス画像

シックスは、水曜日(9月2日)マイアミで行われた公演の後、「セルフィー取るのは止めて、コンサートに集中しろ、バカどもめ #morons #FrontRow #Miami」「コンサートでその瞬間を楽しまないのは犯罪だ」とツィートした。

一方、バンド・メイトのトミー・リー(Dr)は、「今夜のサイテーなショウ、謝罪したい! まあ…、俺はいいプレイしたけどな!」とつぶやいた。これは、Twitterのあるユーザーがリーに不満をもらしたことへの返事だと考えられている。

このユーザーによると、ケータイ撮影者を見つけたシックスは、パフォーマンス中、彼らに向け唾を吐き続けていたそうだ。

コンサートでのオーディエンスの携帯電話の使用に関しては、最近、セバスチャン・バックも「ケータイなんかしまっとけ!」と提言している。

彼も「その瞬間を楽しめ」と、「(ケータイをいじっている)連中は集中してない。パフォーマーだって気が散る。ケータイなんかしまっとけ! あとでその映像見ることなんかないんだから」「もし俺が結婚式に行って歌ったら、次の日には(ヘヴィ・メタル/ハードロック・サイト)Blabbermouthにニュースが載って、みんながああだこうだ言い出すだろ。それって、バンドを観るにはホントに後ろ向きな方法だ。俺がステージに上がって最初に目にするのは、みんながケータイ取り出して俺に向けているところだ。ウンザリするときがある。脅威に感じるよ」と話していた。


Ako Suzuki