【ライブレポート】熱狂のFAKE?、ニュー・アルバムは2016年

ツイート

FAKE?の単独ライブ<HARLEQUINADE Act.2>が9月4日、新宿BLAZEにて開催された。

◆FAKE?画像

ワンマンライブとしては2015年4月25日に同会場で実施された<Glitter And Bruise>以来、約4ヶ月ぶりとなるが、この夏はDECAYS、sukekiyoとの東名阪スリーマンツアー<THE GROWTH TO DECAY>に参加したことで、非常に脂の乗った状態で単独ライブに挑むことができたFAKE?。しかもKEN LLOYD(Vo)のほか峰正典(G)、PABLO(G)、JOE(B)、DJ BASS(Turntable)、d-kiku(Manipulator)のお馴染みの面々にPay money To my Pain、The BONEZのドラマーZAXが加わった強力な布陣ということもあり、早くから注目が寄せられていた。

定刻が過ぎた頃、ヒップホップやレゲエで聞かれるサイレン音がけたたましく鳴り響くと、ステージを覆っていた暗幕が開く。すると無数もの紅白の風船が客席へと投げ込まれ、DJ BASSが流すノリの良いBGMに合わせてバンドメンバーが入場。そのままパワフルなギターリフとともに「Taste Maximum」からライブがスタートした。と同時に、ガスマスクをかぶったKENがステージに登場し、客席を沸かせる。KENは1曲目からステージ上を所狭しと動き回り、その合間にはビデオカメラを手に観客やメンバーを撮影する茶目っ気も見せた。曲のエンディングと同時にガスマスクを外すと、そこにはピエロのメイクを施したKENの姿が。KENの「Come on!」という叫びに続いて、バンドは「Buzz」へとなだれ込む。

ZAXの叩き出す激しいビートと、それを支えるJOEのベース、時に激しく動き、時に攻撃的なプレイで観る者を圧倒させる峰&PABLOのギター、バンドアンサンブルに多彩な華を添えるDJ BASSとd-kikuのプレイ。そこにKENの妖艶な歌声が重なることで、FAKE?ならではの唯一無二の世界観が構築されていく。序盤は「Just Like Billy」や「Pulse」「Candy」などの人気曲や、最新アルバム『The Lost Generation』からの楽曲を中心にライブは進行。またMCではKENが「BLAZE、元気ですか? 初めてこんなにカワイイもの(=風船)、用意しましたけど」とオープニングの演出に触れると、ギターヘッドで風船を割るPABLOに向けて「風船をいじめるな!(笑)」と冗談を放つ一幕もあった。


ライブ中盤では「いつもよりライブの進行が早く感じる」というKENの言葉に続いて、「Coming Down」「Endless」といったムーディなミディアムナンバーが連発。若干フロアがクールダウンした後はグルーヴィーな「Undercover」やアップテンポな「Dreamcatcher」で、再び会場を加熱させていく。さらにライブ後半のMCではKENの無茶振りから、峰がPABLOとZAXを巻き込んで即興のオリジナルソングを披露する場面も。観客が和やかな空気に包まれたところで、後半戦に向けて「Addicted」「Disco」「Lemontune」など攻めの選曲で会場を沸かす。あまりに演奏が激しすぎて途中、ZAXのキックペダルが壊れるハプニングもあったが、フロアもクラウドサーファーの姿が見受けられるほどの熱狂ぶり。「Praise」で会場の一体感が最高潮に高まったところで、ライブは終了した。

メンバーがステージから捌け暗幕が閉じるも、会場の明かりはつかないまま。帰ろうとする観客、何かが起こるのではとその場で待機する観客などでごった返すフロアだったが、しばらくすると再び幕が開き、ステージ後方のスクリーンにとある映像が映し出される。ある無人島に残されたウサギのロボット、そのロボットが動き始めると同時に2016年、FAKE?がニューアルバムをリリースすることがアナウンスされる。この突然に知らせにフロアにいた観客は大興奮。そんな嬉しいサプライズを最後に用意して、FAKE?の単独ライブ<HARLEQUINADE Act.2>は閉幕した。

今のところニューアルバムのリリース日など詳細は不明、次のライブ予定も明かされていないFAKE?。しかし、このタイミングで次のアクションに向けて新情報を解禁したことを考えると、来年はFAKE?にとって今年以上に面白い1年になることは間違いないだろう。今はKENからの新たな知らせを楽しみに待つことにしよう。

TEXT by 西廣智一
Photo by Toshikazu Oguruma

<FAKE?『HARLEQUINADE Act.2』>

1.Taste Maximum
2.Buzz
3.Just Like Billy
--MC--
4.Los Angeles
5.Pulse
6.Candy
--MC--
7.Coming Down
8.Endless
9.Undercover
10.Dreamcatcher
--MC--
11.Lucifer's Cut
12.Addicted
13.Disco
14.Lemontune
--MC--
15.Radio's Dead
16.Someday
17.Praise
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス