デーモン・アルバーン「アデルとのコラボ、使われないと思う」

twitterツイート

デーモン・アルバーンはアデルと一緒に曲を作ったが、それが彼女のニュー・アルバムに収録される確信はないという。デーモンとアデルは2014年秋、スタジオへ入ったと噂されていた。それは事実で、2人は5曲ほど共作したそうだ。

◆デーモン・アルバーン画像

デーモンは『The Sun』紙にこう話した。「アデルから一緒にやりたいって頼まれたんだ。彼女のために時間を割いた。僕はプロデューサーじゃない。だから…、どうなってるかわからないんだ。彼女がそれらの曲を使うかって? 僕はそうは思わないな。まあ、見てみよう。彼女ってとても臆病なんだよ。そんな必要ないのにさ。まだ若いんだから」

アデルは『21』(2011年)に続く新作のため、これまでデーモン、デンジャー・マウス、マックス・マーティン、ワンリパブリックのライアン・テダー、カナダ人のシンガー・ソングライターTobias Jesso Jrらとコラボしたと伝えられている。

延びに延びたニュー・アルバムだが、現在のところ11月にリリースされるのではないかと目されている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報