キッス VS トゥイステッド・シスター

ツイート

キッスのポール・スタンレーとトゥイステッド・シスターのディー・スナイダーの間で口論が白熱している。

◆キッス、ディー・スナイダー画像

始まりは、スナイダーがキッスのギタリスト、トミー・セイヤーを批判したことだった。これにスタンレーが反論、スナイダーが嫌みを返した。

スナイダーは、セイヤーはエース・フレーリーの真似をしているだけだと、Eddie Trunkの番組で話した。「どうやって人々がこれを受け入れることができたのか、俺にはわからない。トミー・セイヤー? 悪いが、これは侮辱だ。キッスのトリビュート・バンドでプレイしていただけでなく、エースの行動すべてを真似ているじゃないか!」

「オー・マイ・ガッド、みっともないぜ。キッスがエースとピーターを交代させたとき、彼ら(エリック・カーとヴィニー・ヴィンセント)はメイクアップとか独自のものを採り入れた。あれは、受け入れることができる。あれは素晴らしかった。彼らは独自のキャラクターだった」

これに対し、スタンレーはスナイダーを“ワナビー”だと非難した。ポッドキャスト『Talk Is Jericho』に出演した際、「あいつはいつだってワナビーだったし、どうにかして注目を浴び、重要視してもらいたがっている。でも、それはムリなんだよ。あいつは自分とバンドが道化師の集まりだってことに全く気づいてないからな」とのきつい一撃を返した。

そして、スナイダーはさらなる反撃に出た。「Dear Paul」とのオープンレターを公開。「まずは、俺に注目してくれてありがとよ。俺は――お前が言う通り――なんとしても注目されたがっていた」と嫌みにはじまり、「どうしてか、おかしいことに、お前は俺に脅威を感じている。俺のバンドに対するお前のコメントは、批判や疑問に答えるのではなく、話をそらそうとする典型的な陽動作戦だ。インタビューで人を欺くときの常套手段だ」と反論した。


「俺の“バンドが道化師の集まりだ”なんて、お前の口から出るとは皮肉だよ。キッスは“道化師のキング”だって議論になりかねないからな。だから、おかしなことにお前はトゥイステッド・シスターを誉めたようなもんだ」

「最後に、俺が“ワナビー”だって? 本当にそう思っているのか? それならば…、いつ、どのステージでもいいぜ。ただ、保守的な方法でやろう。コスチュームなし、放火器なし、たわ言なしだ。ステージに上がり、ロックで勝負だ。俺はお前を葬る。目立ちたがりでワナビーでトゥイステッド・シスターのリーダー道化師、ディー・スナイダーより」

スタンレーからの返事はまだない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報