ジャニス・ジョプリンのサイケデリック・ポルシェ、競売に

ツイート

ジャニス・ジョプリンが所有していた1965年式のポルシェ365 C 1600カブリオレが、12月NYで開かれるオークションに出品する。ジョプリンは1968年に中古でこの車を購入。1970年10月に亡くなるまで所有していたそうだ。この20年間、米オハイオ州クリーブランドにあるロックの殿堂博物館で展示されていた。

◆ポルシェ365 C 1600カブリオレ画像

もとはパール・ホワイトのボディだったが、ジョプリンの友人が彼女やバンド・メイト、風景画などをサイケデリック調にアレンジし、ペイントした。超ド派手な外観となり、当時、ジャニスがドライブ中とすぐにわかったそうだ。

車はジョプリンの家族が受け継いだが、彼女の死から45年が経ったいま手放すことに決め、12月10日クラシックカー専門の競売会社RM Sotheby’sが開催するオークションに出品される。落札価格は最低でも40万ドル(約4,800万円)になるのではないかと予想されている。

車はその前にNYにあるSotheby’sの展示場で公開される。同社のウェブサイト(Rmsothebys.com)でも現在、写真を公開中。ジョプリンの弟は「彼女はどこに行くにもこれを運転していた。彼女の音楽、人生、この車はロックンロールの歴史の一部だ」と話している。

Darin Schnabel © 2015 courtesy RM Sotheby’s.

Posted by RM Sotheby's on 2015年9月15日


Darin Schnabel © 2015 courtesy RM Sotheby’s.

Posted by RM Sotheby's on 2015年9月15日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報