SiM、「CROWS」MVにやべきょうすけ出演。300人が上半身裸でウォール・オブ・デス

twitterツイート

SiMが、10月7日にリリースするニューシングル「CROWS」のミュージックビデオを公開した。本楽曲は、漫画『クローズ』をゲーム化したPlayStation(R)4/PlayStation(R)Vita用ソフト『クローズ BURNING EDGE(バーニングエッジ)』のテーマソングだ。

◆「CROWS」ミュージックビデオ

今回の撮影にはバンドのオフィシャルサイトおよびTwitterからの呼び掛けにより、ファン約300名(男性限定)が集結した。ファンは上半身裸の群衆となって、SiMがライブを行なう“無菌室のステージ”に襲い掛かるという設定となっており、普段のライブ会場よりも圧倒的に近い距離でメンバーがライブを行ない、さらにいち早く、まだ誰も聴いたことのない新曲を聴けるとあって、メンバーがスタジオ内に登場するとファンのボルテージと体温は一気に急上昇。スタジオ内は文字どおり「男臭プンプン」な空間になったという。映像後半で見ることのできる、上半身裸でぶつかり合うウォール・オブ・デスは、狂気の沙汰だ。また、この男衆に囲まれる紅一点として、雑誌『JJ』専属モデルの小林さりが出演をしている。

さらに、映画『クローズZERO』シリーズのチンピラ「片桐拳」役の俳優・やべきょうすけが、エキストラ募集を呼び掛けるバンド発信によるTwitterの投稿を偶然発見。メンバーとも旧知の仲であったことから、「エキストラでもいいから出たい」とメンバーとのやり取りが盛り上がり、急きょ出演が実現することとなった。漫画『クローズ』とシングルのタイトルの偶然の一致から、テーマソングに起用されるという奇跡のコラボレーションが生まれたのだが、ここでももうひとつ“クローズつながり”のコラボレーションが生まれたことになる。

「SiM史上もっとも男臭いミュージックビデオ」を、ぜひご覧いただきたい。


▲「CROWS」ジャケット画像

New Single「CROWS」

2015年10月7日(水)発売
UPCH-27006
¥1,550(税抜)¥1,674(税込)

[CD]
1.CROWS 2.PSYCHO
[DVD]
- LiVE DIGEST - SiM LiVE at“DEAD POP FESTiVAL 2015”
- EXTRA - SiM AGAINST YOU -答え合わせ編-

■ライブ情報

<“THE TOUR 2015”~Road To BUDOKAN 2MAN SHOWS~
10月18日(日)Zepp Sapporo w / WANIMA
10月23日(金)Zepp Fukuoka w / HEY-SMITH
10月26日(月)Zepp Namba w / ROTTENGRAFFTY
10月28日(水)Zepp Nagoya w / SHANK

<“THE TOUR 2015”FiNAL ONE MAN SHOW at BUDOKAN>
11月4日(水)日本武道館

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報