【速レポ】<中津川フェス>憂歌兄弟、野外フェスならではのリラックスムード

ツイート

メインステージから少し離れ場所に設置されたRESPECT STAGEは小高い丘の緩い斜面からライブを楽しめる環境になっている。集まった人たちはお酒を飲んだりお弁当を食べながらピクニック気分でのんびり音楽を楽しんでいるようだ。そんな中、一際ピースフルなムードを感じさせる木村充揮(Vo&G)と内田勘太郎(G&Vo)による憂歌兄弟が登場すると、大きな拍手で迎えられた。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015>憂歌兄弟 画像

木村充揮は着席するなり「乾杯!」とビールの缶をプシュッ。ひとくち飲んでから「You belong to me」を歌いだした。しゃがれた歌声が辺りの風景によく似合う。内田勘太郎もアコースティックギターでジャジーなフレーズを繰り出し、くつろぎムード満点なライブの開始となった。



2曲目に演奏されたのは、「サマータイムブルース」の日本語カバーだ。先ほどとは一転、激しくギターを鳴らしながら2人が交互にボーカルを取った。ドラムを務めるのは元RC サクセションのメンバーとして知られる新井田耕造だ。ジャズのスタンダードナンバー「All of me」ではドラムの心地よい4ビートに乗せて内田勘太郎がリバーブの効いたギターソロを聴かせてうっとりさせてくれた。テクニックはもちろんのこと、艶のある生ギターの音色は内田勘太郎ならではだろう。

monster大陸の千賀太郎を特別ゲストとして迎えての「地獄谷クロスロード」では、語りかけるような千賀のブルースハープに内田勘太郎のスライドギターが絡んでグルーヴを生み出す。ゆったりとつぶやくように歌う木村充揮のボーカルも相まって、これぞブルース!という演奏だった。

軽快なリズムで楽しませた「村で一番」、スローブルースの「シカゴバウンド」と続くと、近くで観ていた男性のお客さんが「ビールがススムなぁ」と嬉しそうに飲み干していたので、思わず飲みたくなってしまった。ライブ後半になって飛び出したのは憂歌団の代表曲「おそうじオバチャン」だ。弦の一本一本までクリアに聴こえる内田勘太郎のギターソロと、ユーモラスな木村充揮の歌がリラックスしたオーディエンスを楽しませている。



木村充揮がバラードの「胸が痛い」を歌いだすと、客席から待ってました!とばかりに声援が飛んだ。どうしようもなく抑えきれない感情をストレートに歌い上げたバラードに、離れた場所を歩いていた人たちも足を止めて聴き入っていた。

「ラスト一発歌います!」とミディアムテンポの「嫌んなった」を披露するとオーディエンスも手拍子しながら一緒に口ずさみ楽しんでいる。演奏が終わると「どうもー! ごゆっくり!」とステージを降りた。音楽界の至宝ともいえる存在でありながら、肩の力の抜けた2人のライブに全身で音楽を感じられたひとときだった。

取材・文◎岡本貴之 撮影◎古川喜隆

■憂歌兄弟 @ RESPECT STAGE SETLIST
01. You belong to me
02. サマータイムブルース
03. All of me
04. 地獄谷クロスロード
05. 村で一番
06. シカゴバウンド
07. おそうじオバチャン
08. 胸が痛い
09. 嫌んなった

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015>

Day1: 2015年 9月26日(土)
Day2: 2015年 9月27日(日)
※ 雨天決行(荒天の場合は中止)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797

【9月26日(土)出演】
ACIDMAN、the band apart 、Char、EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、藤井フミヤwith シアターブルック、勝手にしやがれ、子供ばんど 、黒木渚、麗蘭、NAMBA69、Nothing's Carved In Stone、MY LIFE IS MY MESSAGE(山口洋[HEATWAVE]・三宅伸治・Leyona・斉藤和義)、OKAMOTO’S、斉藤和義、渋さ知らズオーケストラ、ストレイテナー、東京カランコロン

[Village Of illusion]: egoistic 4 leaves、ORESKABAND、The Sun Paulo、THE BLACK COMET CLUB BAND、GAKU-MC、沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)、DJ吉沢dynamite.jp、Buppa.9+SEIYA、DJ PAIPAI、yasuhiroyonishi、SWEET RAVE (DANCE)

【9月27日(日)出演】
シアターブルック、bird、The Birthday、BRAHMAN、Dragon Ash、GRAPEVINE、泉谷しげる、吉川晃司×中津川JAM(G:菊地英昭[ex.THE YELLOW MONKEY]、B:ウエノコウジ[the HIATUS]、Key:エマーソン北村[シアターブルック]、Dr:吉田佳史[TRICERATOPS])、LIVE FOR NIPPON(高野哲・堂珍嘉邦・Rei)、MONOEYES、ROTTENGRAFFTY、RIZE 、SCOOBIE DO、the LOW-ATUS(細美武士・TOSHI-LOW)、TRICERATOPS、憂歌兄弟

<チケット最新情報>
チケット一般発売中
【チケットぴあ】http://pia.jp/t/solarbudokan/
[Pコード]781-696(セット券以外)
※TELは「セット券以外」のみの販売
[セット券専用WEB]http://pia.jp/t/solarbudokan-s/
【ローソンチケット】http://l-tike.com/solarbudokan/
TEL:0570-084-004 (Lコード:48172)
[Lコード]48172(「2日通し券」「各日入場券」)
[Lコード]48427(「2日通し券」「各日入場券」以外)
※TELは「2日通し券」「各日入場券」のみの販売
【イープラス】http://eplus.jp/solarbudokan/
【楽天チケット】http://r-t.jp/solarbudokan/
【TANK! the WEB】http://www.sundayfolk.com/go/solarbudokan2015/

■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015>
トークセッション&ワークショップ

【太陽のトークセッション】
<9月26日(土)>
●TALKセッション (1) 12:30頃
そらべあ 市瀬慎太郎 × 鈴木幸一(アースガーデン)
「2016年 電力自由化にむけて…」
●TALKセッション (2) 14:40頃
山口洋(HEATWAVE)× 鈴木幸一(アースガーデン)
「福島 相馬は今」
●TALKセッション (3) 16:50頃
秋山豊寛(日本人初の宇宙飛行士/ジャーナリスト)× 鈴木幸一(アースガーデン)
「宇宙に行って、福島で農業をしていたら」
<9月27日(日)>
●TALKセッション (1) 14:00頃
佐藤タイジ(シアターブルック) × 津田大介(ジャーナリスト)
「今年も太陽光で出来てます!」
●TALKセッション (2) 16:50頃
吉川晃司 × 津田大介(ジャーナリスト)
「平和のために進むべき未来」

【「Enjoy The Solar ブース」設置決定】
太陽光発電を活用したワークショップ ※詳しいスケジュールは会場でチェック
●内田勘太郎(憂歌団)「ブルースギター教室」(9/26(土)実施予定)
●うじきつよし「ソーラー・ギター教室」(9/26(土)27(日)実施予定)
●GAKU-MC「ソーラーRAP教室」(9/27(日)実施予定)

【「OFFICIAL RADIOブース」設置決定】
※詳しいスケジュールは会場でチェック
●InterFM(公開録音)──ゲスト:藤井フミヤ 他
●「Love On Music」(公開生放送)──MC:佐藤タイジ
●ZIP-FM「BEAUTIFUL LOUNGE」(公開録音)──DJ:AZUSA
●Rakuten.FMアーティストインタビュー(公開録音)──DJ:中村貴子


◆BARKS内<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015>特集ページ
◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015>オフィシャルサイト
◆THEATRE BROOK オフィシャルサイト
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルTwitter
◆佐藤タイジプロジェクト オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報