【イベントレポート】GACKT「日本語読めないから全部ひらがなで書いてくれる?」

twitterツイート

10月7日、約1年ぶりのGACKTの新曲「ARROW」がリリースとなったが、その約1週間前スーパームーンだった9月28日の夜に、ニコ生音楽トーク番組「ニコびじゅ」で新曲のMVを宇宙最速初公開すると、池袋の“ニコぶくろ”サテライトスタジオにGACKTが緊急生出演した。超高倍率の抽選に幸運にも当選し公開生放送の観覧整理券を見事ゲットしたファン約120人に見守られながら番組はスタートとなった。

◆GACKT画像

大歓声と、ユーザーからのたくさんのコメントに迎えられたGACKTは、突然「日本語読めないから全部ひらがなで書いてくれる?英語はOK」との無茶ぶりから、ファンは喜々としてひらがなでコメントを打ち込み、画面上はひらがなだらけの前代未聞の状況となっていた。


コーナーは、プライベートに迫るニコびじゅおなじみの「ニコびじゅ履歴SHOW」からスタート、貴重な幼少期の話や音楽との出会い、スペインの空港で置き去りにされるという海外ならではの珍エピソードなど、時間をオーバーするまでトークが繰り広げられた。

「ニコびじゅオフショット」では貴重な写真を連発、ジムさながらのマシーンを揃えた自宅の道場でGACKTがトレーニング指導している写真では、うつ伏せで顔が見えないもののL'Arc~en~Cielのhydeを指導している写真であることが発覚、大騒ぎとなった。見事な腹筋写真も公開され、ここからGACKT流のトレーニング話へ。現在は、懸垂マシーンで身体をまっすぐ伸ばした状態から腹筋をする「宙吊り腹筋」にハマっていることを吐露。それは「北斗の拳のケンシロウが劇中でやっていて」自分もやりたくなったのだとか。また、1台数千万円のランボルギーニ2台も公開された。

その後、お待ちかねの「ARROW」Music Video宇宙最速公開では、見るべきポイントとして、【この撮影を1日で終えたこと】【自分も含め出演者の顔がかなり怖い】【血がかなり出る】、そして来年3月19日からスタートするコンセプトツアー「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE supported by Nestle」のヒントにもなるかもしれないと話された。


番組は特別に時間を延長されユーザーからの質問に答える「GACKT先生の!お悩み相談室」のコーナーへ突入し、当初は1問だけという時間的な制約も、GACKTの「もうゆっくりやろうよ」との提案から5問もお悩み相談に答えるサービス精神を見せつけた。チャンネル会員限定のプレミアムコーナーでは、MCの星野卓也としりとりで口説き文句を言い合うゲーム対決が行われ、なぜか最後に「セックス」でオチを付けるとんでもない展開となり、最後までファンを驚かせ楽しませてくれた。

ドワンゴジェイピーにて先行配信され9/28付デイリー1位を獲得した「ARROW」は10月7日に発売となった。


46th Single「ARROW」



10月7日発売
CD+DVD 1,800円+税 GLCD-00010
CD only 1,200円+税 GLCD-00011
1.ARROW
2.ARROW(Orchestra Ver)
3.ARROW(-Instrumental-)
4.ARROW(Orchestra Ver -Instrumental-)
DVD:ARROW MUSIC CLIP付

◆GACKTオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報