パンク・レジェンドPhew、20年ぶりのオリジナル・ソロALが発売

ツイート


日本が誇るパンク・レジェンドPhewが、新作『ニューワールド』を12月2日にfelicityよりリリースする。

“時代の音”と“唯一の響き”を持つ声で我々を驚かし続けてきたアーティストPhewは、1979年に伝説のパンク・バンド「アーント・サリー」で活動をスタート。80年の坂本龍一とのコラボシングル「終曲」(ソロ・デビュー作)が印象深い。さらに、革新的な音楽で時代を彩ってきたドイツの伝説的バンドたち=CAN、DAF、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのメンバーとのアルバム制作もおこなってきた。そして現在は、トクマルシューゴ、七尾旅人、石橋英子など後進のアーティストたちからも絶大な支持を受けているという稀有な存在だ。

2013年頃からは、アナログシンセやヴィンテージ・ドラムマシンと最大の魅力である声を駆使したソロライブを開始。そのパフォーマンスは20代の若いリスナーまでも虜にするものであり、ライブ活動が活発となる中、ロングセラーとなっているカヴァー・アルバム『ファイヴ・フィンガー・ディスカウント』より5年、そしてオリジナル・アルバムとしてはなんと20年ぶりとなる新作がついに完成したようだ。

今作は、長嶌寛幸(Dowser)、John Dietrich(DEERHOOF)、向島ゆり子などゲスト陣を招いてはいるが、ほとんどの演奏・録音をPhewが一人で作り上げているという。収録されるのは、タイトル曲「NEW WORLD」をはじめ、坂本龍一とのコラボレーション曲「終曲」を想起させる「終曲2015」、さらにはジョニー・サンダーズの名曲「Chinese Rocks」や日本の唱歌「浜辺の歌」のカヴァーまで、2015年という時代に彼女が選び出した全9曲が収録される。

デビュー以降、彼女の存在自体が一貫したニュー・ウェイブであり続けていると言えるだろう。他の追随を許さないそんな彼女による最新形のPhewサウンドが、遂に世に出る。

■Phew オフィシャルTwitter:https://twitter.com/originalphew

アルバム『ニューワールド』

2015年12月02日発売
PECF-1130 felicity cap-244
¥2,700+税

1.A New World/ニューワールド
2.Where Are You?/どこにいるの
3.Finale 2015/終曲2015
4.Spark/スパーク
5.An Acoustic New World/ニューワールド・アコースティック
6.Chinese Rocks/チャイニーズ・ロックス
7.My Waltz/わたしのワルツ
8.See You Again/また会いましょう
9.浜辺の歌
この記事をツイート

この記事の関連情報