【イベントレポート】真野恵里菜が『不思議の国のアリス』コス。ソロライブ開催発表も「手袋はもう作りません」

twitterツイート

10月11日と12日、原宿にあるMusic Restaurant La Donnaにて、真野恵里菜がディナーショー<真野恵里菜カジュアルディナーショー2015秋~風は秋色~>を開催した。このステージで、2016年1月のソロライブ開催が明らかにされた。

◆<真野恵里菜カジュアルディナーショー2015秋~風は秋色~> 画像

実写版『パトレイバー』に映画『リアル鬼ごっこ』『映画 みんな!エスパーだよ!』、そして12月公開の映画『orange』。また10月13日からスタートするTBS火曜ドラマ『結婚式の前日に』や、10月18日放送のテレビ朝日系『ドラマ特別企画「ハッピー・リタイアメント」』などなど、女優として実にめざましい活躍をみせている真野ちゃん。昔から彼女のことを知っているファン(マノフレ)ならよくご存知の通り、彼女にとって女優業と歌手業は両輪。すなわち、どちらか一方を回し始めると、もう一方も回したくなる性分。ここ最近はTwitterやブログでも「歌いたい」という言葉を目にする機会がしばしばあった。

そんな真野ちゃんにとって、カジュアルディナーショー自体は2015年の年明け1月以来。奇しくも今回は写真集発売イベントの直後だったが、こちらのイベントも大盛況で、全4公演は前回よりも席数を増やしての開催となった。

“ディナーショー”と銘打っていることもあり、食事を堪能した後に、生バンドをバックに従えての真野ちゃんのライブステージがスタートとなる。会場の照明が落とされ、1曲目「あなたがいるから」のピアノ伴奏とともに、観客の喝采を受けて真野ちゃんがステージへ。若干緊張した面持ちながら、丁寧にメロディーに歌詞を乗せていく歌声に、静かに耳を傾けるマノフレ。ちなみにミュージックレストランということからもわかるように、会場はステージと客席との距離が近く、真野ちゃんは、客席のひとりひとりにしっかりと目を合わせながら歌い上げていく。

「こんにちは。真野恵里菜です。本日は、<真野恵里菜カジュアルディナーショー2015秋~風は秋色~>にお越し下さいまして、ありがとうございます。ドキドキしましたね。1曲目からしっとり目に。……こんな衣装着てますけども。」

ハロウィンも近いということで、この日の真野ちゃんの衣装は『不思議の国のアリス』から飛び出してきたかのような、アリスのコスプレ。客席から飛ぶ「可愛い!」の声に「そう言っていただけないとー、着た意味がないなーって」と、もっと声を欲しがる真野ちゃんに笑いが起こる。

そして乾杯へ。いつもの「ハッピーニューイヤー!」ではなく、今回は「ハッピーハロウィン!」のかけ声で、真野ちゃんはスペシャルドリンクを掲げる。「毎回試飲で、お店の方が楽屋に持ってきてくれるんですけど、置いといたら、私がメイクしている間に、勝手にマネティが飲んでました。」という、“いつもどおり”のプチ暴露もはさみつつ、アットホームな雰囲気の中でイベントは進行していく。

ディナーショーではおなじみとなった、真野ちゃんのカバー曲を歌うコーナー。今回の選曲は、広瀬香美の「Dear...again」にZARDの「マイ フレンド」。「Dear...again」のサビ<クリスマスまでには 間に合うように / 私のもとへ帰って来てね>を真野ちゃんが歌うと、なんだか、普段は“いろんな予定”で忙しいのかもしれないけど、次のイベントまでには私のもとへ帰ってきてね、とチクリと言われている気がするマノフレも多数いたかもしれないが、それは気のせいというものである。

「歌い始めた瞬間に、“あー”って笑顔になってくれる方がいて、嬉しかったです。『Dear...again』も一緒に口ずさんでくれたり。なんかこう、みんなが知ってる曲ってなんだろうなーって、でも、“みんなが知ってて、私が歌える曲”ってなんだろうなーって(笑)。」

(何を言わんとしているのか、記者にはまったく検討もつかないことだが)そう口にして真野ちゃんが笑い、そして何かを察したマノフレも一緒になって笑い声をあげる。すると途端に真野ちゃん「なんで笑うのよ! わかってるよ、今回もカラオケ行って練習したんだから!」と、凄みを利かせる。これぞ飴と鞭。真野ちゃん、いつの間にやら緊張も解けてMCも絶好調。さらに、今回は席数を増やしたこともあって、前回のように歌いながら客席に降りることができないことを話しつつ、それでも「降りる?」と、椅子と椅子の隙間を伺う。フロアはステージを中心に扇型をしており、後方はそれほどではないものの、ステージ側の通路は、人ひとりが辛うじて移動できるスペースしかない。にも関わらず、客席側に降りようとする真野ちゃん。慌てて椅子を引いて真野ちゃんが通れるスペースを作るマノフレ。それはもはや「降りる?」というマノフレへの問いかけのようであって問いかけではなく、ただ単に真野ちゃんは「降りたかった」だけである。

観客からの質問があればこの機会に(マネティの目がキーッてならない程度に)答えるという真野ちゃんに、早速「次のライブは?」と質問が飛ぶ。これに真野ちゃんは「聞いちゃうんですか? ……内緒。なんでって? 大人の事情。えー、何か入れる予定があるんですか?」と、諸般の事情で話をごまかしながら、テーブルの隙間を抜けて、探検隊か何かのようにステージ下手側の奥まったエリアのほうへとズンズン進んでいく。

「最近飲んでいるお酒は何ですか?」という質問に、「最近ですか? 最近何飲んでるかな……麦焼酎ですね。ビールは糖質とかカロリーとか高いから、やめようかなって思って。せっかくほら“痩せて綺麗になったね”って言われるので。……ま、好みはわかれますけどね。」と、細かいところまでこだわってスリムな体型をキープし続けていることを明かす。さらに「でも、昨日お昼にステーキ食べたの。で、このディナーショーのリハーサル始まった夜も、こりゃお肉食べなきゃいけないと思って、リハ終わって、マネティ呼び出して焼き肉連れて行ってもらって。お肉食べなきゃ力つかないんですよね。夜はお米食べないけど……偉いでしょ?」と、真野ちゃんにっこり。即座に飛んだ「偉い!」の声に、「ありがと。偉いって言われて頑張ってるんだー。」と、まるでオレンジ色に染まった川の流れを眺めながら河川敷に座って話している同級生の女の子とのワンシーンようにつぶやく。すると今度は、会場中の四方八方から「偉い!」「偉い!」の大合唱。ところが次の瞬間、真野ちゃんは一気に態度を豹変させて「そうやってなんか“言えばいいんでしょ”みたいな、嬉しくないから!」と大激怒。このままマノフレたちをその場に正座させて大説教大会へと突入か、とも思われたが、「……この感じいいね。楽しいね。」と、まんざらでもない様子だ。

そのほか、写真集『Escalation』の撮影時の秘話や、ハワイではアラモアナセンターをひとりでぶらついていたこと(マネティが「眠い」という理由で一緒に行くことを断ったため)などを紹介。存分にマノフレとのトークを楽しんだ。

実写版『パトレイバー』の主題歌にして、実写版の世界観を見事に表現したと好評な「大切なキセキ」をしっとりと聴かせたあとは、「黄昏交差点」のアルバムに収録された歌詞違いverの続編「永遠~黄昏交差点 time goes by~」、そして「ラッキーオーラ」「Love&Peace=パラダイス」「アンビシャスガール」とアップテンポなナンバーを並べて、真野ちゃんがキラキラした歌声を響かせると(レストランなので立ち上がったり飛んだり跳ねたりはできないものの)会場もクラップとコールで一体となって、盛り上がりは最高潮に達する。

そして本編最後は、真野恵里菜にとって、マノフレにとって大切な1曲。中島卓偉が曲を提供し、外部(つまりマノフレ以外)からも高い評価を受けている「My Days for You」。先日、真野ちゃんの実兄の結婚式の披露宴において、父親の挨拶でBGMとして使われ、なぜか新郎側の真野家一同が大号泣したという名曲でもある。真野ちゃんは、あらためてこの日、集まってくれたマノフレひとりひとりの顔をその瞳に映しながら、伝えたい想いと感謝の気持ちを乗せて、歌声とともに届ける。<これからも どうぞ よろしくね>のフレーズを歌い終わった後の笑顔とマノフレからの大歓声。しかしアンコールでは、これ以上の大きな歓声が沸くとともに、ライブ中盤の「次のライブは?」という質問をなぜ真野ちゃんがはぐらかしたのかが明らかになるのである。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報