PE’Z、クラウドファンディング支援者だけにラストライブの映像作品を提供

twitterツイート

2015年12月19日の公演をもって解散が決定しているPE’Zが、ラストライブを映像化し多くのファンに届けるために、本日10月13日18:00よりクラウドファンディングを実施することが明らかになった。

ラストライブは東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて開催されるもので、チケットがソールドアウトしている。追加公演を求める声が多数寄せられているが、メンバーの持てる力のすべてをかけ、ファンにも同じように感じてもらえる演奏を複数回行なうことは不可能であり、何度でも出来るクオリティーの演奏を繰り返すよりも一度しか出来ない演奏を観てもらいたいという想いから、追加公演を行わないことにしたそうだ。

そんな中で、ラストライブをより多くのファンに届ける方法を模索したメンバーは、スポンサーやビジネス関係者のためにライブ映像を作るのではなくファンのためだけに作るべきだと考え、クラウドファンディングの実施を決定したとのこと。また、本プロジェクトにより集まった支援金の一部は、ライブ映像制作のほか、ステージ装飾にも使用される予定となっている。

なおライブ映像の一般は発売されず、クラウドファンディングの支援者だけに提供される。プロジェクトの詳細に関しては、特設サイトにてご確認を。

「いろいろ考えた末、最後のライブを映像にしようと思い立ちました。もちろん映像は生のライブを100%再現できるものではありませんが、その代わりとして、客席からは見えないぼくらの表情やスピーカーからは聞こえない息遣いを伝えられるものにします。」──PE’Z

■PE’Zクラウドファンディング@Motion Gallery

2015年10月13月(火)18:00~2015年11月16日(月)23:59
https://motion-gallery.net/projects/PEZ_EN_MUSUBI2015
※映像作品の一般発売無し。

<PE’Z EN-MUSUBI 2015 FINAL ―おどらにゃそんそん!―>

2015年12月19日(土)東京・昭和女子大学 人見記念講堂
開場16:00/開演17:00
※ソールドアウト

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス