三代目JSB、アルバム100万枚&ツアー動員数120万人のダブルミリオン達成へ

twitterツイート

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが、またしても驚異的な記録を打ち立てる。

2015年1月に発売したアルバム『PLANET SEVEN』が、出荷枚数で100万枚を突破。また、2015年に開催した自身初の全国ドームツアー<三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 ”BLUE PLANET”>の総動員数も10月18日の最終公演をもって120万人を突破し、ダブルミリオン達成を成し遂げる(※ツアー動員数にはライブビューイングでの動員も含む)。


今回の記録を受けて、ボーカルの今市隆二は、「CDが売れないと言われている時代で、アルバムをミリオン出させて頂いたりとか、今回単独3回目のツアーで、しかもドームツアーをやらせて頂いて、そこに多くの方がきてくださっているので、ファンの皆様には感謝の気持ちしかないです。それくらい自分たちのことを応援してくださっている方がいるので、それに恥じることのないアーティストになれるように日々精進していきます。」と、ファンに対する感謝の意と今後に向けた意気込みを語った。


さらに、初のドームツアーにして、全国6大ドームツアーを行なうというのは、三代目 J Soul Brothersがアーティスト史上初。そもそも6大ドームツアーを行なったのは、過去にMr.Children(2012年 全14公演 約55万人動員)、BIGBANG(2013年~14年 全16公演 約77万人動員)、EXILE TRIBE(2014年 全18公演 約82万人動員)の3組しかおらず、歴史にその名を大きく刻むこととなった。


そして今回、そんなツアーの模様とツアードキュメント・スペシャルムービーを収録したライブDVD/Blu-rayの『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 「BLUE PLANET」』の発売(12月16日発売)が早くも発表された。映像には彼ら7人が壮大なスペクタクルで届けるパフォーマンスから、PKCZのライブ映像までを収録。初回限定生産盤は、このパッケージでしか見る事ができないスペシャルフォトブックも同梱されている。

さらに、今作は本商品をスマホで持ち歩ける新サービス“スマプラムービー”も封入となる。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報