【インタビュー】リリィ、さよなら。、悲しみや痛みの歌詞とポップで人懐こいメロディが一体となった2ndミニアルバム『ハッピーエンドで会いましょう』

ツイート

2015年2月25日に、セルフタイトルの1stミニアルバムで全国デビューをした、ヒロキのソロプロジェクト「リリィ、さよなら。」。前作はアルバムチャートでトップ10に迫る成績。好調なスタートを切り、渋谷gee-ge、熊本B.9 V3での初ワンマンライブもソールドアウトで大成功を収めた。この秋もMINAMI WHEEL 2015に出演するなど、どんどん注目度が上がる彼が、早くも2ndミニアルバム『ハッピーエンドで会いましょう』をリリース。今作も彼の抱えた悲しみや痛みが綴られた歌詞とポップで人懐こいメロディが一体となり、前作同様「セカンド思春期」とも言える、甘く切ないリリィ、さよなら。ワールド全開の作品になった。

◆リリィ、さよなら。~画像&映像~

1stミニアルバムは初の全国流通盤ということもあり、リリィ、さよなら。としては名刺代わりの作品となったが、今作は彼の抱える生々しい痛みや悲しみが色濃く出た楽曲が多く、リリィ、さよなら。ワールドの本領発揮とも言える。どうやら選曲はヒロキとスタッフの間で少々難航したようだ。

「収録されている曲は大体上京して大学に入ってから書いた曲なんですけど、「恋愛進化論」だけが高校生のときに書いた曲なんです。書いた当初は“名曲だろ! 俺天才だろ!”と思っていたんですけど、いま聴くとあまりにも歌詞や曲の持つ世界観がピュアピュアすぎて、これだけ異色すぎてアルバムのバランスが取れなくなっちゃうんじゃないか……と思って反対したんです。最後の最後まで渋ってたんですけど、アレンジャーさんの“こういうアレンジにしたらアルバムの締めくくりによく合うんじゃない?”という説得を受けて。結果としてはアレンジが素晴らしくて、そこにうまくヴォーカルとかがハマったりして、すごくアルバムの締めにふさわしい曲になって。僕としても音楽的な視野は広がりました」


全国デビュー後に作った曲はM2「美女も野獣」。アルバムのリリースが決まってから歌詞を書き上げたとのことで、バラードが多いリリィには新機軸となる、ゴリゴリしたアグレッシヴな楽曲だ。

「現代のジェンダー的なものにメスを入れた楽曲になっています(笑)。僕の周りの女子には結構肉食系が多くて。村上ヒロキとして生活していくなかで大学に通っていたり、友達と遊んだりしていてすごく感じるんですけど、都会に住んでいる若い女の子には一見すごく可愛らしいのに男を捕食するような……男よりもお前のほうがオオカミだろ!?って言いたくなるような子が多くて(笑)」

どうやら実体験の傷や感謝の気持ちなどを歌ってきた彼にとっては、少し新しい観点の楽曲だ。「ねえ女もオオカミなのよ。」という詞は、ピンクレディーの「S・O・S」の〈男は狼なのよ〉という一節を受けて書かれたもの。

「昭和から平成でこんなにもジェンダーの感覚は変わってしまった! 自粛しろ! と周りの女の子をディスりたくて書きました(笑)。リリィ、さよなら。の音楽は男の子目線でも女の子目線でも捉えられるような曲が多いんですけど、この曲に関しては男と女がくっきり別れた曲になりました」

リード曲の「フラッシュバック」は仲たがいをしてしまい、帰ってこない親友への未練の気持ちを綴ったもの。

「相手は男の子なんですけど、すごく仲のいい親友で。でもそこらへんのメンヘラのカップルに負けないくらいいろいろあって、うまくいかなくなってしまって。壊れてしまった人間関係もたくさんあるんですけど、そういうなかで生まれた曲が、誰かのもとに届くと思うと、そういう出会いも無駄じゃなかったな……と思います。傷を歌うのは本当につらいときもあるし、もっとどうでもいい歌を歌えばいいんじゃないかな……と思うんですけど、やっぱり自分にしかできないことをやりたいんですよね。それに加えて僕は、とっちらかった気持ちを音楽にすることでぎゅっと濃縮してるとも思います。僕にとっては曲を書くという行為が自分の気持ちを静めることなんだと思います」

「フラッシュバック」で描かれている親友と、M5「君がいなくなっても」、1stミニアルバムに収録されている「流星ドライブ」の親友は同一人物。

「あと「時間よ止まれ」は大学1年生の秋頃に書いた曲なんですけど、これは前作のリード曲「snow~君がくれた物語~」の前のお話なんです。曲同士がつながってるものもあるので、いろんなことを考えて聴いてくれるリスナーさんがいたらうれしいなと思います」

M4「時間よ止まれ」はクラップが入ったり、軽やかなピアノが印象的なポップナンバー。だが歌われている内容はなかなか“こじらせ男子”だ。1stに収録された楽曲よりも自身の胸のうちにある感情をさらけ出している。

「ファンの子たちも“前作より強烈になってる”とTwitterでつぶやいてたりしてて(笑)。今回はよりこじらせっぷりが色濃い曲が収録曲になってるなと思います。「時間よ止まれ」はサウンドが明るすぎて一聴ではそのこじらせ具合もわからないんで、そこでごまかしてる感じはありますね……詞自体は結構センシティヴなので」

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報