黒沢 薫(ゴスペラーズ)10周年記念シングルのドキュメント映像。三浦大知、Ms.OOJAと

twitterツイート

ソロデビュー10周年を迎える黒沢 薫(ゴスペラーズ)が、10月28日にニューシングル「Supernova duet with 三浦大知」をリリースする。その「Supernova duet with 三浦大知」と「愛とは…duet with Ms.OOJA」のドキュメントムービーがYouTubeにて公開となった。

三浦大知とのデュエットソング「Supernova duet with 三浦大知」はふたりのボーカルが熱くぶつかり合うアップテンポナンバー。しかも(1982年のマイケルとポールによる「ガール・イズ・マイン」のように)ふたりの男の人、つまり大知と黒沢がひとりの女の子を取り合う歌である。


三浦大知は2005年3月に、黒沢と宇佐美秀文が作曲したシングル「Keep It Goin' On」でソロデビュー。黒沢のソロデビューも2005年と、ソロとしては同じキャリアで何かと縁のあるふたり。ムービーでは終始楽しそうに、息の合った所を見せている。

ちなみに「Supernova duet with 三浦大知」は、イントロで黒沢が「D-ROCK」と大知に呼びかけていたり、「Keep It Goin' On」のコーラスが用いられたりといったニヤリとするポイントも。また黒沢曰く、三浦大知は「10年前と比べて声量が倍になっている」とのこと。


「愛とは…duet with Ms.OOJA」はDRAMATIC SOULの竹本健一、ルンヒャンが手がけた曲をMs.OOJAとデュエットしたナンバー。ライブ共演がきっかけで出会ったふたりは、その後、音楽業界屈指のカレーマニアである黒沢のカレー会でも意気投合。先日、東京と大阪で行なわれた<SOUL POWER 2015>で一足早くファンには披露されたが、ムービーでは大人のバラードをふたりでじっくりと歌いあげている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報