茶楽音人より、新イヤホンChonmage3号登場

ツイート

以前より開発中とアナウンスされていた茶楽音人(さらうんど)の通称ちょんまげイヤホンが、新商品Chonmage3号として完成、発売決定となった。Chonmage3号は、これまでの茶楽音人製品の魅力であったオープンエア型の音の拡がりを阻害することなく、高密閉/高遮音性能を両立させた新機軸のイヤホンだ。

新たに搭載されたトルネード・ターボ・エアー機構とは、アコースティック・ターボ回路に新開発エアー機構搭載を搭載したもので、高密閉、高遮音性を実現しているという。エアー機構はAcoustic internal-pressure regulatorの略で、エレメント前後の空間を音響抵抗でつなぎ、背面の音を2重のハイカットフィルターを通し排気する事によって、高音域の音漏れ量を大きく低減させ、周囲の音も2重フィルターの効果で効率よく抑制するというもの。これによって高密閉、高遮音性能が実現されたわけだ。エレメント前後の空間を単に繋ぐだけでは、逆相音との位相干渉によって意図しないピークとディップが生まれ、サウンドへの弊害を生むことになる。フィルターの設定と制御量とのバランスで、遮音性とトーンを追い込んだものと考えられる。

Chonmage3号は、10月24日(土)、25日(日)に開催される<秋のヘッドホン祭り2015>にて視聴可能だ。茶楽音人ブースは中野サンプラザ 14階ロビーとなる。


Chonmage3号

オープン価格 市場推定価格:19,440円(税込)
11月下旬発売
フジヤエービック、e☆イヤホン、山野楽器 銀座本店、音茶楽Sound Customize店舗 他にて販売開始予定

エレメント:Φ10mmダイナミック型
音響方式:トルネード・ターボ・エアー方式、密閉型
出力音圧レベル:106dBSPL/mW
周波数特性:5~40kHz(ハイレゾ対応)
最大入力:200mW
インピーダンス:18Ω
質量:約15g
プラグ:Φ3.5mm 金メッキステレオミニプラグ
コード長:1.2m(Y型)
付属品:シリコン製イヤーチップ SpinFit S/M/Lサイズ(Mサイズは本体に装着)、Complyイヤーチップ T-200Mサイズ、L型接続コード、収納缶、クロス、取扱説明書兼保証書
この記事をツイート

この記事の関連情報