【ライブレポート】LoVendoЯに高橋愛、感動。「モーニング娘。時代のれいなってこうじゃなかったの。」

twitterツイート

高橋からの激励を受けて、アンコール再開。ここで、岡田万里奈からひとりずつ順番に感想を述べることに。岡田は1stツアー初日の頃を思い出しながら、「(当時は)心に余裕がなくて、楽しめてなかったんですけど」と話したところで、「……すごい泣きそう。」と、涙を落とす。田中は「大丈夫、愛ちゃんとは組まんけん。おかまりと歌うけん、れいなは。」と、さっきのジョークを思い出させる一言で、会場からは大歓声と拍手喝采。岡田も笑い声を上げる。そして「LIQUIDROOMで歌えて、今日のことは忘れません。今、みなさんが目を合わせてくれることが嬉しくて。LoVendoЯで歌えていることが幸せだなと。ほんと、今日のことは忘れません。」と、忘れてしまった1stツアーの初日の代わりに、メジャーデビュー後初のツアーファイナルのことをしっかりと胸に刻むことを誓った。

「私、そんないいこと言えないよ?」と、魚住有希。そして「ツアーが無事、最終日を迎えることができて、こんなにたくさんの方々にLoVendoЯ見たいなって思ってもらえて、みなさんの楽しい顔も見れて、みなさんの前でギターが弾けて、すごい幸せです。」と頭を下げる。さらに、作家としても楽曲制作、提供の機会が増えてきたことを話すために、「私事ですけども……」と、切り出したところで、「辞めないで~」と、観客から言われて、みんな爆笑。「辞めないよ? まだ、もうちょっといさせてよ……もうちょっと? まだいさせてよ!」と、言葉を返していた。

この必要以上に感動的(?)な空気を端から眺めていた宮澤茉凛は、「なんか、岡田万里奈卒業公演みたいな……。」と、一言。そして「まだね、岡田を辞めさせるわけにはいかないんで。ちゃんとふたりの歌を私らが支えていこうと思います。」と、この流れに乗っかって大きな拍手を受ける。そして、「最後はこの言葉で締めるぜ。」と、漆黒の闇をまとい、MIYA THE WORLDを覚醒させるデスアビス・ナイトメア・ブラッディフィールド=カオスエンド4世だった。

田中れいなは、ファイナルに向けてモーニング娘。時代の自分の姿をYouTubeで観たことを明かす。そして「よく頑張りよるなー、この娘。」と、当時、アイドルとして頑張っていた昔の自分を我が子のように感じ、涙が出そうになったと話す。「……って、ママに言ったらね。“多分、何年後かも、今のれいなを観てそう思うから、今も頑張り”って言われて。確かにって。ママはね、れいなの師匠やから。」と、さらに母親とのやり取りも紹介して、「今のれいなはまだまだダメで。もっと上に行きたい。」と、さらなる高みを目指すことを約束した。

アンコールラストでは、田中れいな作詞、宮澤茉凛作曲の新曲「YELL~あなたに贈る~」が初披露される。ちなみにこの曲は、様々なものを抱えて生きてる人たちに向けて「LoVendoЯがいつでもそばにいるよ」「みんなのこと元気づけてあげるけんね」という想いをタナカめせんで綴ったという。なお、LoVendoЯのライブツアー<LoVendoЯ LIVE TOUR 2015 MAJOЯ!>は、さらにダブルアンコールの「人生マニアック」で最後に熱いコール&大合唱をぶちあげて、ボルテージ最高潮なまま幕を下ろした。

MC中にもアナウンスがあったように、LoVendoЯは、クリスマスライブ<毎日がクリスマス 2015~LOVE LOVE LoVendoЯ~>を12月23日に横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホールにて開催する。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)
photo by UP-FRONT LINK(@UpFrontLink), ytsuji a.k.a.編集部(つ)(@barks_kawaico)

twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス