寺田創一とSEKITOVAが森高千里と新曲を発表。販売はレコードで2000枚限定

twitterツイート

Hyamikao / Foetus Traum from QRATES on Vimeo.


寺田創一とSEKITOVA、ふたりのダンスミュージック・プロデューサーが、森高千里をフィーチャーした新曲2曲とそれぞれのリミックス2曲を含む計4曲入りのミニアルバム『百見顔(Hyamikao) / Foetus Traum』を制作した。

今回のアルバム制作で森高千里の新曲制作を担当したのは、日本のダンスミュージックシーン黎明期の80年代後半から活躍するパイオニアで、2015年、自身が90年代に発表した音源が海外で新たにリリースされたことで世界中で再評価が起こっている寺田創一と、21歳にして世界からその才能を評価される新世代のアーティストであり、これからの日本のクラブミュージックシーンを担っていくSEKITOVA(せきとば)のふたり。世代の異なる両者が、森高千里という日本のポップ史に名を刻む存在およびその音楽にオマージュを捧げつつ、同時に最先端のダンスミュージックとして妥協することない表現で、新たな楽曲を生み出した。

「寺田さんは、多分、私と同じくらいの世代で、SEKITOVAさんは、私の子どもぐらいの年齢の。年齢差もありながら、でもやっていることが尖って、かっこよく、いいことやっていらっしゃって。その中に私が入っていくというのは、話を頂いた時には、すごい面白いなって思ったので。もう、私の声でも何でも使ってください、という感じでした。」── 森高千里(公開されたティザー映像より)

また今回できあがった「百見顔(Hyamikao)」「Foetus Traum Feat. Chisato Moritaka」の2曲は、寺田創一楽曲をSEKITOVAが、SEKITOVA楽曲を寺田創一がリミックスを行なうというダンスミュージックならではコラボによってリミックス音源も制作された。

アーティストのキュレーション含むコンテンツ制作から販売企画の立案、プロジェクト全体の総指揮をトウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツが行なった今回のミニアルバム『百見顔(Hyamikao) / Foetus Traum』。まずはレコードの製造販売サービス・QRATES( https://qrates.com/ )にてアナログレコードとして10月23日(金)より2000枚限定で先行予約発売され、その後、2016年1月中旬よりクラブミュージック専門の音楽配信ストア・WASABEAT( https://www.wasabeat.jp/ )でダウンロード販売されることになっている。これもまた、大手ストリーミングサービスには一切配信を行なわず、プレミアムなレコードという形で限定的にファンに直接販売をしながら、後発的にダウンロード販売を開始するという新しい試みだ。

『百見顔(Hyamikao) / Foetus Traum』

#1:百見顔(Hyamikao) / 寺田創一feat. 森高千里
#2:Foetus Traum / SEKITOVA feat. 森高千里
#3:百見顔(Hyamikao)SEKITOVA Remix
#4:Foetus Traum 寺田創一 Remix
定価:2200 円(税別) / 2000枚限定
Qratesレコード予約販売開始日:2015年10月23日(金)
WASABEATダウンロード販売開始日:2016年1月中旬予定

関連画像・リンク

◆BARKS Club&Dance
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報