「Q-MHz」始動。1stアルバムに小松未可子、南條愛乃、LiSAら5人

twitterツイート

J-POP、アニソン、アイドル、ゲーム音楽と、幅広い分野で活躍する畑 亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)がプロデュースチーム「Q-MHz」(よみ:キューメガヘルツ)を結成。2016年1月27日に1stアルバム『Q-MHz』をリリースすることが決定した。

◆Q-MHz 画像

Q-MHzは、“より積極的に楽しめる音楽を作っていきたい”という思いから集結したチーム。アニメ『夜桜四重奏』のキャラソン&サントラアルバム『桜新町の鳴らし方。』(2013年)でもタッグを組んだ4人が、小松未可子、鈴木このみ、東山奈央、南條愛乃、LiSAの5人をボーカリストとして招き、極上のポップスアルバムを作り上げる。

アルバムにはQ-MHzが書き下ろした新曲10曲を収録し、ゲストボーカル5人がそれぞれ2曲ずつ歌唱。アグレッシブなロックナンバーから壮大なバラード、キュートなガールポップまで、さまざまな表情を持つ楽曲が収められるという。加えてアレンジャー、ゲストプレイヤーにも、今をときめく面々をラインアップ予定。収録曲の詳細は後日発表となるので、果たしてQ-MHzがどのような世界を表現するのか楽しみにしてほしい。

なお、iTunes Store、レコチョクなどにおける今作のダウンロード販売は2月3日よりスタートする。またQ- MHzは今後、単独プロデュースをはじめ、楽曲提供など幅広く活動していく予定とのことだ。


1st Album『Q-MHz』

2016年1月27日(水)リリース
[CD+ブックレット+スリーブケース]
TFCC-86538 / 定価¥3,500+税
※全10曲収録予定

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス