ポイズン「2016年、なにかやる」

ツイート

ポイズンが、デビュー30周年を迎える2016年、なにか特別なことをやるそうだ。

◆ポイズン画像

この数年、メンバーそれぞれ別の活動を行っているポイズンだが、フロントマンのブレット・マイケルズは『Lancaster Eagle-Gazette』紙のインタビューでこう話した。「俺らみんな、別のことをやってるが、解散はしてない。俺らはブラザーズだ。来年はアニバーサリーだ。何か特別なことをやると思うよ」

ただし、ブレットは昨年も「2015年は何かやる。スゴイ夏になる」と話していた…。

ポイズンは2011年、25周年のときはモトリー・クルー、ニューヨーク・ドールズと北米でジョイント・ツアーを行なった。

翌年、デフ・レパードの<Rock Of Age>ツアーに参加した後、ワンオフの公演を除いてはそれぞれのソロ活動に専念している。ブレット・マイケルズは2013年に5枚目のソロ・アルバム『Jammin’ With Friends』を、2015年5月に新曲入りのコンピレーション・アルバム『True Grit』をリリース。現在ツアーを行なっている。

リッキー・ロケット(Dr)は、元L.A.ガンズのトレイシー・ガンズ(G)、シンデレラのエリック・ブリッティンガム(B)、チープ・スリルのブランドン・ギブス(Vo)とバンドDevil City Angelsを結成し、9月にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースした。

リッキーはまた、ボビー・ダル(B)、C・C・デヴィル(G)にブランドン・ギブスをヴォーカルに迎え――要するにブレット抜きで、6月、<Monsters Of Rock Cruise>に出演、ポイズンの曲をプレイしている。

ポイズンのアルバムは、メンバーの好きな曲をカヴァーした『Poison’d!』(2007年)を除けば、オリジナルのスタジオ・アルバムは『Hollyweird』(2002年)が最後となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報