ローランドAIRAシリーズにヘッドホンが登場、DJに人気のブランド「V-MODA」とコラボ

twitterツイート

ローランドは、ヘッドホン・ブランド「V-MODA」とのコラボレートによるヘッドホン「M-100AIRA」を、「AIRA」ブランドで10月30日より発売する。

ローランドの「AIRA」シリーズは2014年よりリリースされている、DJやダンス・ミュージックにフォーカスした製品ブランド。アナログ時代の名機のサウンドを再現し、ステージでのリアルタイム演奏に優れたモデルが、現在11種ラインナップされている。

そんな「AIRA」シリーズに新たに加わったのが、「V-MODA」とのコラボレーションによるハイエンドモデルのヘッドホン「M-100AIRA」。V-MODA「Crossfade M-100」のAIRAバージョンだ。

V-modaは2005年設立のアメリカのオーディオ・メーカー。パーツの細部にまで徹底的にこだわり高品質を追求したラインナップを持つ。中でもV-MODAのフラグシップ製品のヘッドホン「Crossfade M-100」は洗練されたイタリアのミラノ・デザインと抜群の耐久性、バランスの取れた豊かな重低音と柔らかな高音域の音質など、すべてにおいて世界の多くのDJから高い評価を得ている。また、同モデルはヨーロッパにおけるDJ関連アワードでトップクラスの名誉を誇る「DJ Mag Tech Awards」のヘッドホン部門を、2013年と2014年の二年連続で受賞している。


▲イヤーシールドのロゴ(左)とグリーンライン入りヘッドバンド(中)がワンポイント。イヤーパッドにはXLメモリークッションを採用、専用キャリングケース(右)が付属。

今回登場の「M-100AIRA」はAIRAロゴのイヤーシールドとグリーンライン入りのヘッドバンドが目印。大口径50mmの高解像度のデュアル・ダイアフラム・ドライバー(振動板)を搭載、引き締った重低音と、バランスの良い高音域を再生する。ダンス・ミュージックに特化した「AIRA」シリーズの太いサウンドを再生能力の高い「M-100AIRA」で聴くことで、音のダイナミックレンジが大きく広がり、「AIRA」シリーズで作り出すダンスミュージックの魅力をあますところなく体感できる。

米国国防総省の調達基準である「ミルスペック(MIL-STD-810Gに準拠)※」の耐衝撃性と、高温、低温、高湿度といった環境耐性を兼ね備えた堅牢な設計を施しているのも大きな特徴。複数回にわたるヘッドバンドの折り曲げや、繰り返しの落下試験など、V-MODA独自のテストもクリア。さらに、通常の100倍以上の耐久性を備えたケーブルも採用しており、DJを行う際のハードな使用だけでなく、ジャンルにこだわらず日常使用のリスニング用ヘッドホンとしても安心して使用できる。

周波数特性は5~30,000Hz、インピーダンスは32Ω、重量は283g。コードは2m着脱式ストレートプロケーブル(ステレオ・ミニ→ステレオ標準プラグ・アダプター付)、折りたたまずに収納可能なラージサイズの専用キャリングケースなどが付属する。

製品情報

◆M-100AIRA
価格:オープン
発売日:2015年10月30日

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報