【イベントレポート】ハッピーハロウィーン! me-me*が“目のやり場に困る”仮装で重大発表

twitterツイート

Maika、神咲詩織、佳苗るか、波多野結衣からなるセクシーダンスボーカルユニット・me-me*が、10月30日、SHOWROOMで行なっている隔週のレギュラー番組『me-me*のヨルトモ』にてハロウィン仮装姿を披露した。また、番組内では本人たちにとって念願だった1stアルバムリリースの計画も明らかになった。

◆セクシー衣装のme-me*4人をさらに目のやり場に困る別の角度から 画像

昨今、恵比寿★マスカッツのメンバーとしても活躍している神咲詩織は、胸元をがっつり開けたセクシーな海賊、佳苗るかは普段のキャラクターそのままのアリス、Maikaは、かみしぉ以上に目のやり場に困るセクシーデビル、そして波多野結衣はハロウィンカラーの魔女っ娘コスだったものの、仮装に力を入れすぎて、なぜかどう見てもパンプキン。本人も「かぼちゃのぷりこ」とよくわからない自己紹介をするが、ハロウィンだからこれでいいのだろう。ちなみにかみしぉとMaikaはふたりしてこの格好のまま電車に乗って週末の街にやってきたという。「みんな避けてくれまして、快適に乗れましたよ?」とかみしぉ。それはそうである。

司会&カメラのカジによる、視聴者の気持ちを代弁したようなカメラワークとともにゆるく進行していった番組。台湾など中華圏、さらにマカオなどでも人気の彼女達とあって、日本語と日本語以外の言葉、そして視聴者からのダルマが雨あられのように飛び交って盛り上がった。

「デートでの失敗談」というトークテーマでは、頑なに“ぷりこ”と言い続ける波多野が“アイドルとして口にしてはいけないようなエピソード”を披露。Maikaから「デートじゃなくて人間としての失敗だよ!」とツッコミも入る。

現在、ライブの新しい登場SEを制作しているというme-me*。LINEでの打ち間違いという話の際には、そのSEを用いて動画を撮影し、かみしぉがLINEでメンバー、マネージャーを含めたLINEグループに一斉送信した時に起こった、まさに数時間前の出来事を披露。「SE動画です!」とつぶやくつもりが、予測変換が働いて「SEXY動画です!」と送ってしまったそうである。

世界中で起こった様々なニュースを紹介するコーナーでは、『巨大小惑星が地球とニアミス』という話題を取り上げる。佳苗るかは「えー、じゃあ地球終わりってことですか? じゃあこんなことしてる場合じゃない。」と、不安そうな声をあげる。カジが「滅亡するってわかったら、何したい?」と質問したところ、4人の回答は以下のとおり。

「今あるお金を全部使って、食べ物とか置いて、家族のところで過ごす。」── 佳苗るか
「超高カロリーなものばっかり食べる。天丼!とかビール!とか。」── 神咲詩織
「超お酒飲んでベロンベロンになりたい。」── Maika
「私も食べたい。」── ぷりこ(波多野結衣)

me-me*はみんな、最期の瞬間には食べたいそうである。

番組の最後には、me-me*からの重要なお知らせとして、念願の1stアルバムリリースをかけてクラウドファンディングに挑戦することになったことを明らかにした。なお、CAMPFIRE上で行なわれるme-me*のクラウドファンディングは、11月1日からページがオープンする。詳細等々はメンバーの画像も満載な公式Twitter( @m_e_m_e_m )などにて。

なお、次回のSHOWROOM『me-me*のヨルトモ』は、11月13日の金曜日放送。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報