アイドルファンの間で「ヤバい!」と騒然の原宿駅前ステージは、何がそんなにヤバいのか?

ツイート


渋谷と並び、若者文化の発信基地として国内外から多くの人たちが集まる原宿。この街にちょっとした激震が走っている。震源地は、原宿駅前、竹下通りの入り口に立つ、はらじゅくアッシュビル6階「原宿駅前ステージ」── 。

◆実際の原宿駅前ステージで行なわれているイベントの様子 画像

「最近原宿駅前ステージ禁断症状w」
「原宿駅前ステージってTLでよく聞くけど知ってる?」
「一部界隈で盛り上がっている原宿駅前ステージが気になって仕方ない。」
「今後、行ってみたい現場 原宿駅前ステージ」
「原宿駅前ステージに行かないと時代遅れになりそうwww」
「ああああ 原宿駅前ステージ不足( ; ; )」
「帰宅したら原宿駅前ステージの楽しかった時間が終わっちゃうからわざと歩いて帰ろ」
「原宿駅前ステージは危険ドラック!」

「原宿駅前ステージ」というキーワードでTwitterを検索すると、こんなつぶやきが次々に引っかかる。つぶやいているのは、いわゆるアイドルクラスタの人たち。そう、少しでもアイドルに興味・関心がある人たちにとって、原宿駅前ステージとは“開けてはならないパンドラの箱”もしくは“かじってはいけない禁断の実”。なんとも魅力的かつ誘惑に満ち溢れた非常に“ヤバい”存在なのである。

というわけで、原宿駅前ステージの何がそんなにヤバいのか。ひとつずつ紹介していこうと思う。

→ ■ 次のページは「チケットが取れなくてヤバい」
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報