オバマ大統領「私はコーンのリード・シンガーじゃない」

twitterツイート

オバマ米大統領が木曜日(11月12日)、ホワイトハウスで軍人に名誉勲章を授与する際、スピーチの冒頭で「私はコーンのリード・シンガーではない」と冗談を飛ばした。

◆コーン画像

元アメリカ軍の大尉Florent Groberg氏は、2012年8月、アフガニスタンで自爆犯を見つけ、彼に立ち向かっていき、多くの人々の命を救った。しかし、このとき大怪我を負い、しばらく入院。その間、彼が大好きなバンド、コーンのジョナサン・デイヴィスがお見舞いに訪れたが、Groberg氏は意識が朦朧としていて幻覚かと思ったそうだ。

その話を知ったオバマ大統領は、彼を称えるスピーチの中でこう言及した。「病院で目を覚ましたとき、朦朧としている中、誰かが話しかけてきた。Floはそれがヘヴィ・メタル・バンド、コーンのリード・シンガーだと思ったそうだ。彼は“どうなっているんだ? 幻覚を起こしているのか?”と思った。でも、そうじゃない。すべて現実のことだった」

「だからFlo、今日は幻覚じゃないって断言しておきたい。君は確かにホワイトハウスにいる。カメラが回っている。そして、私はコーンのリード・シンガーじゃない。我々は、この国で最高位の勲章を君に授与しようとしているんだ」

このニュースに驚いたデイヴィスは、インスタグラムにオバマ大統領のスピーチの一部を投稿し「Wow」とコメントした。デイヴィスはGroberg氏が入院中、何度かお見舞いに訪れたと言われている。

自爆犯を取り押さえようとした際、Groberg氏と一緒に立ち向かったほかの4人は亡くなったそうだ。Groberg氏はこの勲章を彼らへ捧げると話した。

Wow

Jonathan Davis Officialさん(@jdevil33)が投稿した動画 -



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報