【イベントレポート】ユジャ・ワン、Apple Store表参道に登場!最高にエキサイティングなピアニズムに熱狂

ツイート

現在、来日ツアー中の世界的ピアニスト、ユジャ・ワンが11月11日(水)、Apple Store, Omotesandoにて行われたスペシャルイベント「Live at the Apple Store: Yuja Wang」に登場した。

◆ユジャ・ワン~画像~

今回のイベントは前半にスペシャルライブ、後半にトークセッションを実施するという豪華な内容。“世界屈指のエキサイティングなピアニスト”と紹介されるが、そのパフォーマンスはいわゆるトップ・ピアニストの中でも指折りの実力を持ち、常に世界各国からのオファーが絶えない。そんなこともあり、会場には早くから人が集まり、19時の入場開始とともにApple Storeはすぐにオーディエンスで埋め尽くされた。

開始直前に行われたサウンドチェックでは、今か今かと待ちわびていた会場に美しい音色を響かせ、早くも皆を虜にした。オープニングムービーに続いて、黒のドレスに身を包んだユジャが登場。最初に演奏したのは、現在共に来日ツアーを行っているロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との共演曲にちなみ、チャイコフスキーの楽曲『バレエ音楽「白鳥の湖」より パ・ド・カトル』。(来日ツアーではチャイコフスキーの協奏曲第2番を演奏)

その後のセットリストは、ユジャが会場の雰囲気に合わせて即興的に選曲。さながらジャズのライブのようにオーディエンスとのコミュニケーションで次の楽曲を決めていく。

まさにジャズのスタンダードナンバーでもある「Tea for Two」をジャズ・テイストの軽快なタッチで演奏したかと思えば、『モーツァルト「トルコ行進曲」(ヴォロドス編)』では世界中のピアニストが舌を巻くような、超絶技巧を披露。あらためてその実力の高さを見せ付けた。


ハイヒールで見事に演奏することでも有名なユジャが途中「このステージは階段の段差が高いから降りたくないな・・・(もう一曲どう?)」といった具合に愛嬌たっぷりに話しかけると、オーディエンスはさらに盛り上がりをみせる。終盤、『グルック(ズガンバーティ編):オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」からメロディ』では、息を飲むほど美しく、そして哀愁漂う旋律で会場を包み込んだ。

「ちょっとしっとりと終わっちゃったね。最後は明るく終わりたいから・・・カルメンはどう?」と投げかけると、オーディエンスから再び喝采が。最後は『ビゼー(ホロヴィッツ編): オペラ「カルメン」前奏曲』のこれまた超絶技巧を駆使した楽曲を見事なコントロールと完璧なテクニックで弾ききり、会場を完全に圧倒した。


後半のトークセッションは日本を代表するモード誌「SPUR」の山崎編集長との対談で音楽とファッションをテーマに行われた。ステージ上ではハイヒールとタイトなミニスタートを身につけて演奏するなど、クラシック音楽界のファッションアイコンとしても注目を浴びているユジャ・ワンならではの今回のタイアップ。事前に読者から寄せられた質問も踏まえてトークは進行した。その中からいくつか紹介。

── 今日の衣装は?

「マイケル・コースのドレスと、クリスチャン・ルブタンのヒールです」

── ファッションで影響を受けた人は?

「うーん・・・リアーナとか!」

── 好きなデザイナー、ブランドは?

「沢山ありすぎて選べないかなぁ・・・強いて言うなら・・・ニューヨーク・スタインウェイ?」(会場笑)

── 愛読書は?

「日本にいるからという訳ではないけど、村上春樹が好き。飛行機での移動中に読むのにとても合っているんです」

こういった貴重なトークに加え、会場からの質問に答えるQ&Aのコーナーを実施して、イベントは終了。最後にオーディエンスとともにセルフィーを撮影し、その写真はAirDrop機能を使い会場で希望者にシェアされた。当初スタッフからのみのシェアを予定していたころ、急遽途中からユジャ自身も参加(!)。サイン会ならぬシェア会の開催で、ユジャ・ファンにとって、最高にエキサイティングな一夜となった。

(c) KAJIMOTO

●セットリスト:
チャイコフスキー: バレエ音楽「白鳥の湖」より パ・ド・カトル
ユーマンス(A.テイタム編):Tea for Two
シューマン: スペインの歌遊び Op. 74
モーツァルト: 「トルコ行進曲」(ヴォロドス編)
グルック(ズガンバーティ編): オペラ「オルフェオとエウリディーチェ」から メロディ
ロヴィッツ: ビゼーのカルメンの主題による変奏曲

リリース情報

●最新アルバム
ラヴェル:ピアノ協奏曲[SHM-CD] 【CD】
UCCG-1715
ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調
1 第1楽章: Allegramente - Andante - Tempo I
2 第2楽章: Adagio assai
3 第3楽章: Presto
フォーレ: バラード 作品19
4 Andante cantabile - Allegro moderato - Andante - Allegro -Andante - Allegro moderato
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
5 Lento - Andante -
6 Allegro -
7 Tempo I
詳細:http://www.universal-music.co.jp/yuja-wang/products/uccg-1715/


この記事をツイート

この記事の関連情報