中森明菜、ビートたけし出演映画『女が眠る時』タイアップ決定&予告編でタイトルコール

ツイート

中森明菜が、12月30日に約6年ぶりのオリジナルアルバム『FIXER』をリリース。タイトル曲「 FIXER –WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING–」が、映画『女が眠る時』(2016年2月公開)のイメージソングに起用されたことが明らかになった。

◆映画『女が眠る時』関連画像

同映画は、女への執着が狂気へと変わっていく男の姿を背徳的かつ官能的な映像美で描いたミステリーで、イメージソングのサブタイトルには映画の原題名が付けられている。キャストには、ビートたけしをはじめ、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、リリー・フランキーといった国内外で活躍中の俳優陣が名を連ねた。

なお中森は映画の予告編でタイトルコールを担当しており、彼女の肉声が披露されるのは2014年の『NHK紅白歌合戦』以来となる。

  ◆  ◆  ◆

■映画『女が眠る時』予告編 木藤プロデューサー コメント
ウェイン・ワン監督、ビートたけしさん主演の映画にまさか中森明菜さんがイメージソングを歌って頂ける!
そんな豪華過ぎるコラボレーションが出来たことを製作一同大変嬉しく思っております。
中森さんの歌とタイトルコールを聞いた瞬間、日常の景色が非日常に見えてくる。
映画の世界観と同様な感性を共有させて頂いたことに興奮が冷めません。

  ◆  ◆  ◆

(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会

New Album『FIXER』

2015年12月30日(水)発売
■初回限定盤(CD+DVD)
¥3,800+税 UPCH-7095
■通常盤(CDのみ)
¥3,000+税 UPCH-2068

[CD]
M-1, FIXER –WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING–(※よみ:フィクサー  オンナガネムルトキ)
M-2, Rojo -Tierra-
M-3, Endless Life
M-4, unfixable
M-5, La Vida
M-6, 雨月
M-7, とどけたい ~voice~
M-8, 欲動
M-9, kodou
M-10, Lotus
M-11, Re-birth

[DVD]
特典映像

映画『女が眠る時』

2016年2月27日(土)公開
監督:ウェイン・ワン
原作:ハビエル・マリアス「女が眠る時」
脚本:マイケル・K・レイ シンホ・リー 砂田麻美
キャスト:ビートたけし 西島秀俊 忽那汐里 小山田サユリ

[ストーリー]
若く美しい女性と男との異常な愛、変わっていく妻との関係、覗きへの罪悪感と止まらない好奇心、エスカレートしていく衝動……、郊外のリゾートホテルという閉塞的な場所で次第に自分自身を見失っていく男。「狂っているのは、自分なのか。それとも<目の前の現実>なのか」女への執着が狂気へと変わっていく男の姿を、背徳的で官能的な映像美で描く、深淵なる魅惑のミステリー。

2015年11月27日(金)~TOHOシネマズ52サイト「007スペクター」にて予告編オンエア
2015年12月4日(金)~全国映画館にて予告編オンエア予定



この記事をツイート

この記事の関連情報