【ライブレポート】The Cheserasera、GLIM SPANKY&The Flickersを迎えた熱狂の自主企画

ツイート


11月18日に2ndミニアルバム『YES』をリリースしたThe Cheseraseraが、11月21日に新代田FEVERにて3回連続自主企画、<曇天ケセラセラ>を行った。BARKSでは、オフィシャルから届いたレポートをお届けする。

◆2ndミニアルバム『YES』 ジャケット画像

  ◆  ◆  ◆

今回はこの自主企画の最終回にあたる。GLIM SPANKY、The Flickersを迎え、集大成のスリーマンライヴとなった。1番手はGLIM SPANKY。松尾レミ(Vo,Gt)のハスキーな歌声と、亀本寛貴(Gt)によるブルージーなギターで「焦燥」「褒めろよ」などの代表曲を立て続けに演奏。MCでは2人が長野から上京した直後にThe Cheseraseraの企画に出演したエピソードを語り、当時の思い出の楽曲「夜風の街」を披露した。

続くThe Flickersのステージには、「どうもThe Flickers のファンです」とThe Cheseraseraの宍戸翼(Vo,Gt)が登場。安島裕輔 (Vo,Gt,Syn)とのツインヴォーカルで「midnight express」を熱唱。ラストは「love in the music」で電子音と生身の衝動が生み出す、緻密なステージを締めくくった。

そして新アルバム発売後、初ステージとなったThe Cheserasera。約半分を新作『YES』から持って来た、ツアーの前哨戦とも呼べるセットリストで、<曇天ケセラセラ>を締めくくる。GLIM SPANKY、The Flickersの名演を受け既に熱気が渦巻くフロアに、まずは名刺代わりの「月と太陽の日々」。疾走感の中にも、こなれた雰囲気が漂う。1曲目はついつい荒削りになりがちな彼らだが、この日は良い意味で肩の力が抜けた演奏で始めた。不穏なギターリフと、ガサついた歌声に、宍戸翼持ち前の色気がにじみ出た「LOVERS」、昂揚する心音を彷彿とさせる、美代一貴(Dr)のドラミングが弾ける「東京タワー」も抜群の安定感で、バンドの好調ぶりを見せつけた。

MCを挟み、『YES』の収録曲のターンへ。過去2回の<曇天ケセラセラ>でも披露されている「賛美歌」と「Youth」は、早くもライヴの新定番として根付いており、思い思いに手を挙げたり、体を揺らしたりと、オーディエンスの楽しみ方も堂に入っている。そしてやはり、「賛美歌」が素晴らしかった。3人の演奏、歌に全くの遠慮がないのだ。それでいて、衝突することなく、濃密で流麗なメロディーを紡ぎ出している。苦楽を共にした3人だからこそ生み出せる、不可侵のあうんのグルーヴ。これこそが『YES』という作品を通して、The Cheseraseraが追及した、スリーピースバンドとしての真髄なのだろう。圧巻だった。宍戸翼の優しい歌声と、西田裕作(Ba)による穏やかなベースラインが心地よい「インスタントテレビマン」も、今後演奏を重ねてゆくことで、よりしなやかで壮大になるだろう名曲だ。

本編ラストは、「でくの坊」。様々な逆境を乗り越え、全てを許し、受け入れることで、新たな一歩を踏み出したThe Cheserasera。ろくでなしの“デク”の歌を笑顔で愛おしそうに演奏する3人の姿が、バンドの“今”を物語っていた。

アンコールはGLIM SPANKYの「ダミーロックとブルース」をカバー。GLIM SPANKYの2人も再びステージに登場し、総勢5人でロックにキメた。最後はThe Cheserasera3人に戻り、GLIM SPANKYとのセッションで沸点越えしたテンションのままお約束の「SHORT HOPE」をぶちかまし、<曇天ケセラセラ>は大団円を迎えた。

文=イシハラマイ

  ◆  ◆  ◆

なお、ライヴ中にアナウンスもされたが、「賛美歌」が現在NHK-FM『ミュージックライン』(月~木 21:10~22:45)の2015年10・11月エンディングでオンエア中の他、フジテレビ系音楽番組『魁!音楽の時間』(毎週日曜 24:50~25:20 放送中)の2015年12月度エンディングテーマに決定。そして『YES』のリリースツアーもスタートする。こちらもぜひ、チェックしていただきたい。



>

■ミニアルバム『YES』スペシャルサイト
http://www.thecheserasera.com/crcp40435

The Cheserasera「YES」release tour

11月27日(金) 名古屋 ell.SIZE
ジョゼ 東名阪自主企画「ジョゼ Presents 曇りのちAmazing!!」(Wレコ発)
開場18:30 開演19:00
共演:ジョゼ / アンテナ
チケット料金:前売¥2,500

12月9日(水) 福岡 Queblick
開場18:00 開演18:30
共演:The Phrase Temple / アンテナ / ornithomimus
チケット料金:前売¥2,500

12月11日(金) 大阪・心斎橋 AtlantiQs
開場18:00 開演18:30
共演:アルコサイト / 赤色のグリッター / 他
チケット料金:前売¥2,500

2016年
1月17日(日) 仙台PARK SQUARE
開場18:00  開演18:30
共演:SILVERTREE / アンテナ / 読みかけの絵本
チケット料金:前売¥2,000

1月23日(土) 東京・下北沢CLUB Que (ファイナルワンマン)
開場18:00 開演18:30
チケット料金:前売¥2,500/当日¥3,000

『YES』発売記念インストアライブ

11月28日(土)13:00 タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 店内イベントスペース
12月10日(木)19:00 タワーレコード難波店5Fイベントスペース
2016年1月16日(土)14:00 タワーレコード仙台パルコ店イベントスペース

◆The Cheseraseraオフィシャルサイト

この記事をツイート

この記事の関連情報