ブリット・アワーズ、2016年期待の新人賞決定

ツイート

UK最大の音楽アワーズBrit Awardsが、2016年活躍が期待される新人へ贈るCritics’ Choiceの受賞アーティストを発表した。

◆Jack Garratt画像

2016年度は、Jack Garratt、Frances、Izzy Bizuの3人が候補に挙がっていたが、見事、その栄誉を手に入れたのは24歳のマルチ・プレイヤー/シンガー・ソングライターJack Garrattだった。



彼は、R&Bからポップ、エレクトロニクス、ダブステップまでジャンルを超えた音楽を作り、ライブではギター、キーボード、ドラム・マシーンを駆使し、1人でプレイしている。

Garrattは「こんなことが起きるとは思ってもいなかった。完全に驚きだ。ノミネートされただけでも恐れ多かったのに、受賞するなんて」とBBCラジオに語った。

また、「母さん、僕、BRIT Awardsを受賞したよ」と題し喜びを語る、写真やビデオで見られる強面でシリアスなイメージをくつがえすチャーミングな映像をFacebookに投稿している。

これからデビュー・アルバムをリリースする新人へ贈られるCritics’ Choiceは、2008年に設立されて以来、アデル、フローレンス&ザ・マシーン、エリー・ゴールディング、ジェシー・J、エミリー・サンデー、トム・オデール、サム・スミス、ジェイムス・ベイが受賞してきた。

Garrattは2月に開かれるBrit Awardsのセレモニーで表彰される。

Brit Award

Pt 1. Mum, I won a BRIT Awards.

Posted by Jack Garratt on 2015年11月27日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報