LIFriends、地元・羽村市との共催手作りフェスで新曲の初披露も

ツイート


東京都羽村市出身の5人組パーティーロックバンドLIFriendsが、11月29日(日)に地元・羽村市との共催で作り上げている音楽フェスティバル<羽村にぎわい音楽祭2015>を開催した。

◆<羽村にぎわい音楽祭2015>画像

本イベントは、LIFriendsが東京都と羽村市、羽村市民の支援を受けて昨年からスタートした音楽フェスであり、今年で第2回目の開催となる。今回も早い時期から長期間にわたりLIFriendsメンバーが近隣の市民や各店舗を一軒一軒回り、開催への協力と理解をお願いし、無事開催の運びに至ったということだ。そして町中には、いたる所にポスターが。



当日は、今年も個性あふれるアーティスト陣が羽村駅西口の目の前に設置されたステージに登場。オープニングにはLIFriendsがレギュラーコーナー「ニシ魂」を担当しているFM NACK5 の番組『The Nutty Radio Show おに魂』より古坂大魔王と夏江紘実が特別応援ゲストとして姿を見せた。そしてフラチナリズム、Brand New Vibe、東京女子流、山猿、更なる特別応援ゲストにLIFriendsと同じ羽村出身の元アイドリング!!!15号の朝日奈央が出演。ジャンルの壁を飛び越えた多彩な出演者たちが、それぞれ個性溢れるパフォーマンスを披露した。

また、進行にあたりボーカル・SHUNKUNはフラチナリズムのボーカル・モリナオフミと共に全体司会を務めたり、他のメンバーも出演アーティストのステージのセッティングや転換などをサポートし、休むことなくフェスをつくりあげたようだ。

大トリであるLIFriendsは、冒頭、朝日奈央と共にステージでコラボ。そして休むことなくアッパーチューンを次々と繰り出していく中、先日リリース決定を発表したばかりの2016年第1弾となるニューシングル「恋のヒットパレード」を初披露してみせた。




最後は感謝の気持ちを込めた彼らのミディアムチューン「仲間」で大合唱し、会場は一体になったという。さらには、駅前のステージだけあって、駅のホームから手を振るファンも。LIFriendsを育んだ街の人々をはじめとして、大勢のボランティアに支えられたこのイベント。手作りで作り上げたフェスはハートフルな空気に包まれる中、閉会の挨拶が行われ無事に終演を迎えた。




またイベント中には、来年、結成10周年を迎えるLIFriendsは1月27日発売のシングル「恋のヒットパレード」をひっさげ、春に<LIFriends 10th Anniversary 関東LIVE HOUSE ワンマン TOUR 2016>を開催する事も発表。それに併せ、本日11月30日(月)18:00にホームページでは新ビジュアルが更新され、シングルの収録内容、インストアイベントの一部も発表となった(http://www.teichiku.co.jp/artist/lifriends/)。



そしてLIFriendsは年末には、12月29日(火) ・30日(水)・31日(木)の3日間、舞浜アンフィシアターにて行われるライジングプロダクションの所属アーティストが集結する<RISING FES 2015~2016>に全日程に出演する(http://www.rising-pro.jp/index.html)。

5th SINGLE 「恋のヒットパレード」

2016年1月27日発売
■初回限定盤
TECI-395 ¥1,500+税
[CD収録内容]
1.恋のヒットパレード
2.チャンス
※特典DVD収録内容:恋のヒットパレードMusic Video + MVメイキングドキュメンタリー

■通常盤
TECI-396 ¥1,000+税
[CD収録内容]
1.恋のヒットパレード
2.チャンス
3.笑顔の作り方

[インストアイベント情報]

2015年12月6日(日) <愛知>ポートウォークみなと 1F鎌倉パスタ前特設会場
13:00~

2015年12月6日(日) <愛知>イオン八事 4F G.Gモールイベントスペース
17:00~

2015年12月13日(日) <東京都>イオンモール日の出 専門店街1階 メインコート
1) 14:00~ 2)16:00~

2015年12月19日(土) <東京都>タワーレコード八王子店
14:00~

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス