Cubaseにクラウドベースのコラボ機能が追加、スタインバーグ「Cubase Pro 8.5」「Cubase Artist 8.5」

twitterツイート

ヤマハミュージックジャパンは、Steinberg Media Technologies GmbH(以下、スタインバーグ)の音楽制作用デジタル・オーディオ・ワークステーション・ソフトウェア「Cubase Pro 8.5」、「Cubase Artist 8.5」を発売した。

◆「Cubase Pro 8.5」「Cubase Artist 8.5」~動画~

「Cubase」シリーズは、作曲、アレンジ、レコーディング、波形編集、ミックス、スコア制作など、現代の音楽制作におけるあらゆる場面で活躍する総合音楽制作ソフトウェア。フラッグシップモデルである「Cubase Pro」と、その機能を厳選して搭載したミッドレンジグレードである「Cubase Artist」がバージョンアップを果たし、「Cubase Pro 8.5」「Cubase Artist 8.5」として登場した。

新機能の目玉は、遠隔地同士での共同音楽制作を可能にするクラウドサービス「VST Transit」の搭載。ネットワーク音楽制作環境を簡単に構築することできる。遠隔地同士で同じファイルにアクセスできるので、メールでの作業内容の伝達や、煩雑になりがちなファイルバージョンの管理から開放されるのがメリットだ。ユーザーには500MBのストレージ容量と月あたり1GBまでの通信を無料で提供。追加のストレージと通信が利用できるプレミアムアカウント(有料)の提供が予定される。

オーディオ編集機能も強化。オーディオやMIDIトラックを簡単にバウンスできる「インプレイスレンダリング」やリアルタイムに演奏したデータからの「MIDIテンポ検出」、オーディオのピッチやタイミングを自由に変更でき、検出したピッチをMIDIデータ化することもできる「VariAudio 2.0」(Cubase Proのみ)に加え、MIDI・オーディオともに高いクオリティで編集・再生できる機能がさらに充実した。オーディオファイルのタイミングを自由に編集できる「AudioWarp」とオフラインタイムストレッチのアルゴリズムにzPlane社のelastique v3 アルゴリズムを搭載、倍率の高い引き伸ばしにおいても音質劣化の少ない編集結果が得られる。

バーチャルアナログシンセサイザーは「Retrologue 2」に進化。3つ目のオシレーター、ポリフォニックLFO、エンベロープの追加など基本性能の刷新に加え、32ステップのアルペジエーターとRESONATER、EQ、PHASER、MOD FX、DELAY、REVERBといったエフェクトも装備する。


▲バーチャルアナログシンセRetrologueは、3オシレーター、4LFO、強力なアルペジエーター、5つの新しいエフェクト、3バンドレゾネーターを搭載したRetrologue 2に進化。

「Cubase Pro」のみの機能として、ショートカットキーやマクロ、ポートの設定など、さまざまな環境設定を保存して切り替えることができるプロファイルマネージャー機能を新たに搭載。スタジオと自宅の環境を統一させたり、作業内容に応じて環境を変更させるのにとても便利な機能だ。

作業効率をさらにアップさせる機能も多数搭載。まず、ソロなど一部のフレーズの録音でよく行われるパンチレコーディングの際、再生時のループや書き出し範囲などを設定する左右ロケーターとは別にパンチイン/アウトポイントが設定可能に。録音する区間の前から再生し、ループ区間の内側をパンチレコーディングできるので、ループ再生しながら何度もパンチレコーディングにトライするのに便利だ。

作曲のアイデアを練るのに便利なコードパッドも機能を拡張。アルペジオ再生の集中コントロールや構成音の鍵盤への割り当て、重複コードの扱いなど、使い勝手をより洗練。コード記号のカスタム設定も可能になっている。また、MIDIノート入力や編集に欠かせないキーエディターとドラムエディターは、選択ツールのままダブルクリックでノート入力、さらにそのまま長さやベロシティーの変更が可能に。ツールを切り替えずにスムーズな入力が行える。さらに、オーディオトラックを新規作成する際のトラックの出力先選択、ルーラー上部のダブルクリックでの再生、トランスポートパネルの刷新、スピーディーかつ正確なミキシングがおこなえるように進化したMixConsoleなど、編集やレコーディング作業が効率的に行えるさまざまな改良がなされている。

「Cubase Pro」「Cubase Artist」ともに、以前に購入されたパッケージであっても、アクティベートを実行する時点での最新版ライセンスがアクティベートされる。現在店頭に並んでいるパッケージがバージョン8でも、購入しアクティベートした時点で最新版の8.5をダウンロード&使用できるというわけだ。また、2015年10月15日(木)以降に、「Cubase Pro 8」「Cubase Artist 8」を購入したユーザーは、特別優待期間(Grace Period:グレースピリオド)として、それぞれダウンロード版の「Cubase Pro 8.5」「Cubase Artist 8.5」に無償でバージョンアップできる。アップデート/アップグレードは使用するバージョン/グレードにより異なり、たとえばPro 8から8.5およびArtist 8から8.5へのアップデートは5,400円(ダウンロード販売、税別)となっている。詳細はスタインバーグサイトでチェックを。



製品情報

◆Cubase Pro 8.5
価格:オープン
◆Cubase Artist 8.5
価格:オープン
発売日:2015年12月3日


関連動画

◆Cubase 動画
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報