一番売れたジャズアルバムはビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』

twitterツイート

ユニバーサルミュージックが2014年10月から「期間限定」で発売している『ジャズの100枚。』シリーズのトータル・セールス(出荷枚数)が100万枚の大台を突破。その中での最高の売り上げが、圧倒的な強さでビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デビイ」だったことが発表された。

1枚の作品が「1万枚売れれば大ヒット」と言われる音楽ジャンル、ジャズ。これまでに2014年10月~12月末までの100タイトル、2014年12月~2月末までの100タイトル、2015年9月末から12月末までの100タイトル+アンコール200タイトルを、完全に「期間限定」で発売。12月7日、同シリーズのトータル・セールス(出荷枚数)が100万枚の大台を突破した。実売期間(出荷期間)はまだ現時点で7か月強であり、これだけの短期間での100万枚突破は「日本ジャズ史上初」の偉業となる。

ジャズの廉価版はいま市場で元気だが、初めて日本のメジャーレーベルが廉価版を投入したのは11年前の2004年。当時のEMIミュージック・ジャパンがジャズの老舗「BLUE NOTEレーベル」の創立65周年を記念して、レーベルの名盤を1枚1,500円で発売したのが初めてだ(「BLUE NOTE決定盤1500」シリーズ)。BLUE NOTE初の廉価版は当時1,500円でもかなりのインパクトがあり、同シリーズは丸1年をかけて、100万枚を突破し話題となった。その後、各社からジャズの廉価盤シリーズはレコード各社から発売されたが、2013年にユニバーサル ミュージックとEMIミュージックの合併によって、国内最大級のジャズ・カタログが集結したユニバーサル ミュージックでは、2014年に最強のジャズ・カタログ・シリーズ『ジャズの100枚。』の発売を決定。大量のジャズ・カタログから選りすぐりの100枚を、2014年10月から期間限定で1枚1,000円(税別)で販売し、発売当初から大変な反響を得ていた。


シリーズの特徴は、ラインナップが他の追随を許さない圧倒的な名盤の数々であることと同時に、目につく黄色いビジュアルと、ジャズ初心者でも敷居を感じないように、「ジャズボーヤ」という可愛らしいキャラクターを作り(著名なデザイン集団「100%オレンジ」が制作)、幅広い層にアピールしたこと。またこれまでにCDショップのみならず、書店やデパート内にもコーナー展開をするなど、様々な販売チャンネルで展開していることも特徴だ。

ユニバーサル ミュージックでは100万枚突破と合わせて、売上ランキングの上位10タイトルとアーティストを発表。全300タイトル中の「横綱」は圧倒的な強さでビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』。日本のみで、現在までトータル100万枚以上売っている、まさにジャズ界のモンスター・アルバムであり、日本で最も愛されているジャズ・アルバムだ。アーティスト別でもビル・エヴァンスは「帝王」マイルス・デイヴィスを押さえて1位となっている。抒情的なピアニストの作品が上位に多数入っているのは日本ならではの特徴と言えるかもしれない。

「ジャズの100枚。」全300タイトルは2015年12月末まで完全限定出荷で発売中。

【売上ランキング 作品別】
1位 「ワルツ・フォー・デビイ+4」ビル・エヴァンス
2位 「ザ・ケルン・コンサート」キース・ジャレット
3位 「バラード」ジョン・コルトレーン
4位 「クール・ストラッティン」ソニー・クラーク
5位 「ポートレイト・イン・ジャズ+1」ビル・エヴァンス
6位 「サキソフォン・コロッサス」ソニー・ロリンズ
7位 「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」
8位 「リターン・トゥ・フォーエヴァー」チック・コリア
9位 「プリーズ・リクエスト」オスカー・ピーターソン・トリオ
10位 「サムシン・エルス」キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス
※300タイトル中

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報