ジャレッド・レト、テイラー・スウィフトの音楽をディスったことを謝罪

ツイート

サーティー・セカンズ・トゥー・マーズのフロントマンで俳優のジャレッド・レトが、テイラー・スウィフトの音楽に対し辛辣なコメントを発したことを謝罪した。

◆サーティー・セカンズ・トゥー・マーズ画像

先日、アメリカの芸能サイトTMZ.comは、スタジオでテイラーのアルバム『1989』を聴きながら、(「これはいいね」との言葉もあったが)「好きじゃない」「くそテイラー、どうでもいい」と話すジャレッドの姿が収められた映像を公開していた。

これに、テイラー・ファンは猛反発。ジャレッドは月曜日(12月7日)、事態を収拾すべく「実際は、僕は@taylorswift13は素晴らしい+最良のお手本だと思っている。もし彼女や彼女のファンを傷つけたのなら、深くお詫びする」との謝罪メッセージをTwitterに投稿した。

しかしながら、ジャレッドのファンからは、プライベートの場で自分の意見を述べただけに過ぎず、謝る必要はないと、彼を擁護する声も上がっている。

映像は数か月前に撮影されたもので、ジャレッドとバンド・メイトは、ニュー・アルバムのインスピレーションを得るため、ほかのアーティストのアルバムを聴いていたといわれる。

Namaste. #NFTO

Posted by Jared Leto on 2015年11月1日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報