【ライブレポート】鞘師里保、最後のモーニング娘。'15単独公演は「未来の自分につながる、とてもいいステージになった」

ツイート

モーニング娘。初の全編英語詞の「One and Only」から始まったアンコール。そしてメンバーはひとりずつ、鞘師へのメッセージを語る。

「こんなに広い武道館で2日間もコンサートをすることができてとてもうれしいです。そして鞘師さん。いつもダンスをわからないときには優しく教えてくださったり、たくさん話かけてくださったり、とても優しい鞘師さんが大好きです。1年とちょっとしか一緒に活動をすることができなかったんですけど、たくさん思い出が出来たし、たくさん学べました。あと残りわずかですが、もっともっとお話したいです。今日は本当にありがとうございました。羽賀朱音でした。」── 羽賀朱音

「たくさんの声援、ありがとうございます。鞘師さんへ……。このツアーで鞘師さんと2人で歌うパートがあったんですけど(涙)、いつもステージに立つ前に一緒に歌って合わせてくださって、ありがとうございます。すごくうれしかったです。鞘師さんとは、一緒にロスに行く約束をしているので、鞘師さんと絶対一緒に行きたいです。鞘師さん、大大大好きです。ありがとうございました。牧野真莉愛でした。」── 牧野真莉愛

「今日は皆さんと、たぁーくさん盛り上がれて、Very Wonderfulな気持ちになりました! ありがとうございました。そして、ここ武道館で鞘師さんと一緒にパフォーマンスができて、幸せに思っています。私は人見知りなので、あまり自分から鞘師さんに話かけに行ったのは少なかったと思うんですけども、私は鞘師さんさんのかっこいいパフォーマンスとか、かっこいい表情とか、あとはたまに面白いネタをみんなに披露してくれるところとか、いつも周りのことをよく考えてくださっているところとか、全部大好きなんですけど、特に大好きなところがあって。それは鞘師さんのすごくストイックなところなんですよ。なので、私も鞘師さんのようにストイックになって、そのストイックさを引き継いでいけるように頑張りたいと思います。そして、残りわずかな時間なんですけど、大好きな鞘師さんのことを目にたくさん焼き付けていたいと思います。本当にありがとうございました。野中美希でした。」── 野中美希

「今日のコンサートもとっても楽しかったです。今回のツアーで、ファンの皆さんとかメンバーとか、鞘師さんとたくさん思い出ができました。私は鞘師さんに憧れてモーニング娘。のオーディションを受けたので、鞘師さんがいなかったら、今ここに立ってなかったと思います。…(涙で言葉に詰まる)…立ってなかったと思います。私にとって鞘師さんは、ずっと憧れで、目標で大好きな先輩です。残り少ない2015年、そして来年からもよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました。尾形春水でした。」── 尾形春水

こみ上げてくる涙を抑えながらの12期からのメッセージ。「特に大好きなところがあって。それは鞘師さんのすごくストイックなところ」と野中が語るように、ライブはもちろん、どんな小さなイベントでも、本番直前、ギリギリのタイミングまで、そしてほかのどのメンバーよりも最後まで鏡の前でひたすらに振りを確認し続けていたのが鞘師里保。そんな彼女のひたむきな姿勢は、12期メンバーにもしっかりと引き継がれ、影響を与え続けることだろう。

「ついにツアー最終日です。モーニング娘。として、鞘師さんと過ごした3年間を私は心から誇りに思います。この13人での活動は年内で終わってしまうんですけども、来年からも鞘師さんに見ていてもらえたらうれしいなと思います。今日は本当にありがとうございました。本当に楽しかったです。小田さくらでした。」── 小田さくら

「私は鞘師さんのONとOFFのメリハリがすごく好きで。ONのときはステージでカッコよく歌って踊っているところが魅力なんですけど、OFFの部分は、今回のツアーでも話題になった遅刻だったり、忘れ物があったりとか、そんなおっちょこちょいな部分が可愛くて、いいなと思ってるんですよ。何よりも私が思い出に残っているのが、リハーサルのときに鞘師さんに靴下を貸したんですけど、まったく違うデザインで返ってきたときは、さすがにびっくりしました!(笑)でも、そんな鞘師さんも私は大好きです。今日のコンサート、こうして皆さんとこうして過ごすことができて本当に幸せでした。どうもありがとうございました。工藤遥でした。」── 工藤遥

「今日も皆さんのステキな笑顔がいーっぱい見れてとっても楽しかったでーす! 優樹はやっさんにひとつ申したいことがあります。やっさんの嘘つきー! まだまだメンバーとずっと一緒にいるって言ってきたのに、やっさんの嘘つき(泣)。どうするんですか? 今後のモーニング、どうするんですか? 9期さんが4人で、10期も4人で、12期も4人なの! 11期の小田ちゃん弄りができなくなるじゃないですか! ……ま、そんなんどうでもいいんですけど、やっさんが後悔するぐらい、モーニング娘。'16、'17、'18?、すごく成長していきたいと思います。今後も“見張ってて”ください。そして最後に、今まで「嫌い、嫌い」って言ってごめんなさい。本当にやっさんのこと、とっても……大好きです! 今日は本当にありがとうございました。佐藤優樹でした。」── 佐藤優樹

「まだまだメンバーとずっと一緒にいるって言ってきたのに、やっさんの嘘つき」と言い放ち、その直後に、鞘師が後悔するぐらい、モーニング娘。は成長すると宣言。(“見張ってて”発言も含めて)そんな佐藤の素直な言葉に感情を揺さぶられた、思わず涙がこぼれたというファンも多くいたはずだ。

「日本武道館に来てくださった皆さん、そしてライブビューイングをご覧の皆さーん! 今日は本当にありがとうございます。皆さんに包まれているこの安心感は、他では味わえない、本当に、モーニング娘。'15としてこの空間にいれることを幸せに感じました。私がモーニング娘。に加入して8回、コンサートツアーを経験させていただいているんですけど、その全部のツアーで、鞘師さんとのダンスバトルが絶対にあったんですよ。来年から…ねぇ?(笑) ダンスバトルが出来なくなっちゃうなと思って。寂しくなっちゃうから……(涙をこらえる)。今までずっと一緒に踊ってきた鞘師さんが卒業されてしまうのは寂しいなと思うんですけど。まだね、まだ早いですよ(笑)。鞘師さんとは12月31日までダンスで熱くぶつかり合えたらいいなと思います。鞘師さん、これからもよろしくお願いします。皆さん今日は本当にありがとうございます。石田亜佑美でした。」── 石田亜佑美

「今回のツアーは新曲が多かったり、今日も新曲を披露したんですけど、何より、鞘師さんの卒業発表があって、心境的にもいろいろ変化のあるツアーでした。私にとって鞘師さんは、あまり語らないというか……あ、背中で語る先輩、だったんですね。お仕事の姿勢…(涙)…お仕事の姿勢でいろいろ教えてくださったり。何よりこの1年間は『ヤンタン』レギュラーとして一緒に2人でやってきて、たくさんおしゃべりが出来てとてもうれしかったし、2人きりの時間がたくさんあって、すごく光栄でした。残り3週間、残り数回の『ヤンタン』。2人きりの大切な時間を過ごして、いい思い出を作りたいなと思います。今日来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。飯窪春菜でした。」── 飯窪春菜

「今日は平日にも関わらずたくさんの方に集まっていただき、そしてライブビューイングの皆さんも本当に来てくださってありがとうございます。私たち9期メンバーはこのツアーで10ツアー目なんですよ、加入してから。その10ツアーの間で思い返してみると、どこを思い返しても、絶対、私の目標に里保ちゃんがいたんですね。里保ちゃんのダンスを見て、“私ももっとカッコよく踊りたい”って思ったし、里保ちゃんの顔を見て、“もっとこんなふうにカッコよく表現できたらいいな”と、いつのときも里保という目標がいました。だから今日でこの秋ツアーが終わってしまうので、里保ちゃんのことを目標にすることがもうできません。なので、これからは私が後輩に目標とされる、そんな先輩になりたいと思います。そんな大切なことを教えてくれてありがとう。……うふふ。素直になりなさいよ(笑)……うふふ。里保ちゃんとは5年もね、こんなおっちょこちょいな子と活動してきたので、いなくなるのは、ま、寂しいんですよ。寂しいのは寂しいんですけど、里保ちゃんが自分で選んだ未来なので、私たちはそれを応援したいと思います。はい。なんか、恥かしいですね。でも、まだ12月31日まで数日間あるので、年内いっぱいは里保ちゃんのことを目標とさせていただきます。よろしくお願いします(笑)。同期にこんな頼もしいメンバーがいて、本当に私は幸せです。そして、こんなにたくさんの方に囲まれてコンサートが出来て、本当に今日も幸せでした。どうもありがとうございました。鈴木香音でした。」── 鈴木香音

「ライブビューイングの皆さーん! そして、スタンド席の皆さーん! アリーナ席の皆さーん! 会場全体! 本日も来てくださって、ありがとうございます。今日はアクロバットの方で先生に「3回転だよ、3回転だよ」って言われながらも、皆さんの応援で、4回転したんですけど、これからは羽生くんに負けない4回転を皆さんにお見せしたいなと思います。そしてですね、9期メンバーは5年いるんですけど、この間、初めて4人で大江戸温泉に行って(笑)。香音ちゃんは遅刻するし、里保は温泉の施設内で爆睡してるし、しかも起きないし(笑)。聖は浴衣着るときに帯の結び方がわからないしね(笑)。あれなんですよ、ひとりひとり良いところも悪いところもありますけど、それがね、合わさったときに9期メンバーが成り立つんじゃないかなって思いました。そして生田衣梨奈も同期が卒業するなんて考えてなかったんですけど、一生懸命、センターを目指して頑張りたいなと思います。このツアーもありがとうございました。生田衣梨奈でした。」── 生田衣梨奈

「<PRISMツアー>ファイナル、皆さん、楽しんでいただけましたか? モーニング娘。'15としてのラストツアー最終日を、こんなにたくさんの方々に観ていただけて本当に光栄です。ありがとうございます。正直、里保ちゃんとはもっと一緒に歌いたい曲もあるし、もっと一緒に叶えたい夢がいっぱいあります。だから今日のコンサートも、もっともっと時間が遅く進めばいいのになと思いながら歌っていました。これからは違う道に進むけど、お互い一緒に頑張っていこうね。これからはモーニング娘。'16として、12人で2016年からは活動していきますが、これからも里保ちゃんも私たちも頑張っていきますので、皆さん見守っていてください。今日はありがとうございました。譜久村聖でした。」── 譜久村聖
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報