ジャニス・ジョプリンのサイケなポルシェ、2億円で落札

twitterツイート

ジャニス・ジョプリンが所有していたポルシェ(1964年 365C 1600SC カブリオレ)が、木曜日(12月10日)オークションにかけられ、予想価格を3倍も上回る176万ドル(約2億1,200万円)という高値で落札された。

ジャニスはこの車を1968年に購入。1970年10月に亡くなるまで、弟いわく「彼女はどこに行くにもこれを運転していた」そうだ。「彼女の音楽、人生、この車はロックンロールの歴史の一部だ」というこのポルシェは、家族が相続し、20年間、米オハイオ州クリーブランドにあるロックの殿堂博物館で展示されていた。

もともとパール・ホワイトのボディだったが、ジャニスの友人が彼女やバンド・メイト、風景画などをサイケデリック調にペイント。超ド派手な外観となり、当時、ジャニスがドライブ中とすぐにわかったそうだ。ジャニスの姉妹で伝記作家のローラ・ジョプリンによると、「彼女が車を停め、戻ってくると、ワイパーの下に必ず1枚は(ファンからの)メッセージが残されていた」という。

製造されてから50年経つが、ドライビング・コンディションは良好とのこと。




Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス