【イベントレポート】カナミル(おやすみホログラム)「雨の日は墨が打てないんですよ」

twitterツイート

12月10日、dues新宿にてにて<IDOL AND READ 005発売記念トークイベント>が行われた。カナミル(望月かなみ)[おやすみホログラム]を迎え、音楽評論家 宗像明将の司会、小川晃一プロデューサーの付き添いでの開催となった。

◆カナミル(望月かなみ)[おやすみホログラム]画像

宗像:今日は「IDOL AND READ 005」の発売記念イベントということで、望月かなみ/カナミルさんとプロデューサーの小川晃一さんに来ていただきました。カナミルどうですか、こんなにぎゅうぎゅうになったのもカナミルの追い込みのスパム宣伝で(イベント前々日に出会い系のスパムメール風の呼び込み告知をTwitter上にアップした)。

カナミル:うれしいです。家で暇してたので、酔っぱらった勢いでやりました。この宣伝は私の力を試すときだ!SNSを使ってチケットを完売させるぞ!って、“拡散希望”とかめっちゃ書いて、出会い系みたいに(笑)。

宗像:“出会い系女”に見られません?

カナミル:私の生誕祭のときに、私の自撮りの画像が勝手に風俗の宣伝ピンクチラシ(風のチラシ)に使われたんですよ(場内からそのチラシが届く)、あ、これこれ。

宗像:チラシに書いてある電話番号は誰のなの?


カナミル:これはロフトの副店長の前に使ってた携帯番号(笑)。だから、こういうの作られたのでもう大丈夫です。生誕祭のときは下北沢のシェルターの前にこのチラシがバァ~って貼ってあって。

宗像:新宿の電話ボックスみたいになってた。それ見たときはうれしかった?

カナミル:うれしかったです(笑)

宗像:カナミルそういう所可愛いよね。ファンの方がやってくれることを素直にうれしいって言うのは。じゃ、(ファンが)ヤンキーみたいな学ランを作ってくれたのもうれしい?

カナミル:うれしかったです。部屋に飾ってあるし。

宗像:それを見ながら日常暮らしてるんだ。

宗像:カナミルはこの「IDOL AND READ 005」でもたくさん喋ってくれてますが、こんなに長い10,000字くらいのインタビューはどうでした?

カナミル:いや、べつに、ふつうです(笑)

宗像:世間的にはあんまり喋らないイメージがあるけど…あんまり思ったことを言葉にすることがない?

カナミル:単純に国語が苦手だから、言葉にするのが得意じゃないだけで。喋り出すとよくわからない言葉になっちゃう。長く話すと日本語の構成ができなくなるんです。

宗像:ちゃんと「IDOL AND READ 005」で10,000字のインタビューをしたものが全国の書店に並んでるんですよ。

カナミル:恥ずかしいですね…、私、家族にアイドルやってることを言ってないんですよ。

宗像:え、そうなんですか。

カナミル:家族にバレたくないんです。うちの家族は、音楽は好きだけどこういうアイドルとかはほとんど知らない、でんぱ組.incって言っても知らないレベルの人たちで。だから私くらいのレベルのものは知らないと思うんですけど、最近、弟がアイドルヲタクになっちゃったみたいで(笑)。これ初めて話すんですけど。

宗像:誰のヲタになったんですか?

カナミル:でんぱ組.incさん。でも、最近は妄想キャリブレーションさんのライヴにも行ってるみたいなんですよ。だからヤバくて。私ほとんど弟と話さないし。でも弟の部屋には同じCDがいっぱいあって。

宗像:積み始めてるんだ(イベント参加付きのCDを複数購入すること)。

カナミル:でんぱ組.incさんのグッズとかも。だから、ヤバい、バレるって思って。

宗像:でもカナミルよりも弟さんの方がショックを受けると思うよ。だって妄キャリのライヴに行ったら実の姉が鬼の形相でダイヴしてきて。

カナミル:2ちゃんねるのまとめサイトで“姉がアイドルだったwww”って。

宗像:姉ちゃんが鬼の形相でオレの所に飛んで来た…って(笑)。

カナミル:怖いです。絶対やだ、バレたくないです。

宗像:このままスケールがでかくなっていくと、“家族バレ“はいつか来ると思うんですよ。

カナミル:そのときはそのときです。“ごめん、黙ってたけど”って。

この後、写真や日記をアップするtumblr、amebloなどのサイトの面白さ、使い分けなどの話題で、会場に集まったお客さんとのやりとりが盛り上がった。さらにダイヴで見せる形相の凄さから、何か違法ハーブでもやってるのではという宗像疑惑を、“たまにお酒を飲んでるから”と切り返すカナミルにさらに宗像氏が切り込んだ。


宗像:ライヴのときってお酒飲んでるんですか?

カナミル:毎回じゃないですよ。ビールを飲んでちょっとあったかくなってライヴをするとかはたまにありますけど。基本的にはライヴが終わってからめっちゃ飲みます、ロフトだったらけっこういろんなお酒あるし。でも帰ってから缶チューハイを飲むんで。

(ここから場内も巻き込んだ、焼酎論争に)

宗像:安い焼酎は身体に悪いって、カナミルのことを思って言ってくれてる。

カナミル:でも、ほんとに今月ピンチ!ってときにはお茶で割って飲む。適当に酔えるから(笑)

宗像:けっこうシブい飲み方しますね。完全にオヤジ。

カナミル:おつまみはポテトチップスとか、スモークタンとか豆で。

宗像:家で酔っぱらうとどうなるんですか?

カナミル:すぐ寝ます。記憶がぼやぁ~んとなったら適当にお笑いの動画とか見ながら。

宗像:アイドルの動画は?

カナミル:有名なのから地下まで見ます。これから対バンするであろうアイドルは勉強する感じで。

宗像:おやホロは、最近振り付けしてあんまり踊ってない…。

カナミル:もともとないんですよ、ちゃんとした振り付けは。ある曲もありますけど。でも振り付けはしますよ、動きをデカくして皆にアピールして。最近はボイトレの方に時間を使ってます。

宗像:ライヴでのパフォーマンスとかは小川さんはどう評価してるんですか?

小川:まぁ、ちゃんと音を聞いてるかとか、サーフした後にちゃんと自分で戻ってくる方法を考えているかとか、そういうところをしっかりやってくれればいいかな…と。もともとやる必要のないものなんで、やるんだったら一個一個の濃度を凝縮して。

(ここで突然会場からステージにアルコールの差し入れが)

カナミル:いただきます(笑)。

宗像:カナミル本調子が出てきましたね。

カナミル:ビール大好きなんで。

宗像:健康とか気を遣わないんですか?

カナミル:最近、自炊で鍋を食べてます(笑)。鍋は最高の食べ物だと思うんですよ、だって包丁とか使わずに出来る料理だし、出汁の素を入れて白菜とかちぎって洗ってすごいたくさん入れれば、チョー野菜摂れるし、締めにラーメンも食べれるし。美味しいし最強の食べ物だと思ってずっと鍋を食べてます。

宗像:月にどのくらい?

カナミル:10日以上食べてます。ブクガ(Maison book girl)の唯ちゃんとよく赤から(鍋料理屋)に飲みに行きがてら行ってます。福岡出身なんでお酒強いんですよ唯ちゃん。

宗像:完全にオヤジっぽいですね。井上さん(唯)からしたら、上京して来て唯一の友だちがカナミルなんじゃないかと思うんですよ

カナミル:よく言われますね。唯ちゃんは性格も似てると思うし、一緒に居て何の気も遣わないし、食べる好みも似てる。ちまちましたものより、ガッツリした鍋とかラーメンとかに一緒に行けるし。べちゃくちゃ喋らないし。気を遣わない友だちです。

宗像:インタビューで高校の頃とか学校をサボったりした話が出てきますけど、よく今はあんなライヴをやれるなぁ~って思いますよ。

カナミル:私、今までの人生で全然物ごとが続かなくて。続いたっていうのは吹奏楽とピアノくらい。バイトとかすぐクビになっちゃうし。唯一続いたのが土木系のバイト、工事現場の仕事だったんです。

宗像:工事現場で何をやられてたんですか?

カナミル:測量です。(場内動揺)


宗像:アイドルのバイトとしてはシブいですね。初めて聞きましたよアイドルで測量やってた人。

カナミル:測量ってビルとかを建てるときに平行かどうかを見たりとか、墨を打ったり柱を建てたりするんですけど、測量ってそんなにやっている人口は多くないですからね。工事現場の中でもだいぶ細かい作業をする役割だから、女の子でもできたりするんです。そんなに手先は器用じゃないですけど。

宗像:測量のときはミスはしないタイプ?

カナミル:めっちゃミスしてました。

宗像:建物って測量間違うと傾くじゃん。(場内爆笑)今、社会問題になってます。

カナミル:それはちゃんと怒られて直してましたから大丈夫です。でも、測量の仕事で、「三脚を立てて測量してる10数メートル先に、エンピツの先で柱を立てる点を合わせる」というのがあるんですけど、私そのエンピツを上から摘まんで持ってました。手が震えないんです。震えるとゼロのところにエンピツが合わないので。

宗像:震えないためにはどういう心持ちでいけばいいんですか?

カナミル:もう、無心です。早くお昼にならないかな…って。(無心じゃないじゃん!と場内から突っ込みが入る)

宗像:すごく共感を呼び辛いニッチな話題ですが。そういう現場ではワイルドなおじさんとか多いんじゃないですか?

カナミル:でも私みたいな派手な髪の色してる子ができたバイトがそれだけだったんです、で、ヘルメットを脱いでお弁当を食べてたら、親父さんたちがコーヒーとかいっぱいおごってくれました。

宗像:いい話、しかもおごってもらう側なんだ。

カナミル:そのバイト3年続けましたから。

宗像:辞めるときは感極まって泣いたりとか。

カナミル:いや、今も辞めたわけじゃないんです。(場内動揺・爆笑)まだ、籍はあるんです。

宗像:カナミル、おやすみホログラム、◯◯建設みたいに名前に加えようよ(笑)。

カナミル:登録してるんです。安全のために登録をしないと工事現場では仕事ができないので。そこに名前が入ってるので、私いつでも工事現場に行けるんです。

宗像:雨の日とかは?

カナミル:よくぞ聞いてくれました。雨の日は墨が打てないんですよ。

宗像:アイドルのトークイベントじゃないな(笑)。

カナミル:ごめんなさい、この話長くなるんですよ…。

この後、現場の仕事日程や、雨の日の工事現場の大変さや、ギャラのことなどが細かに語られた。


宗像:そういえば10月くらいに、来月からバンド始めますって言ってませんでした?

カナミル:あ、それは趣味です。この前ちょっとスタジオに入りました。もともとドラムやってたんで。曲はコピーとか…、あ、前に吹奏楽をやってた友だちと“またブラスバンドやりたいね”って話したのを思い出して、映画の『スウィング・ガールズ』でやってるような感じの曲とかを。

宗像:おやホロとはかなりイメージが違うような。

カナミル:それは完全に私の趣味で。

宗像:おやホロとツーマン・ライヴしましょうよ。

カナミル:イヤですよ(笑)、趣味です。披露するほど上手くないし。

宗像:小川さんもうノリ気ですよ。

カナミル:イヤですよ。

小川:いいですよ(場内爆笑)

カナミル:わかりました。いつかいつか。

宗像:おやホロが二人体制になって一年強ですが、八月ちゃんとカナミルの関係って変わったところありますか?

カナミル:二人で始めた頃より仲良くなったって言ったら普通なんですけど、おやホロについて考える時間が長くなったって感じです。

宗像:どうしたらいいかとか話したりするの?

カナミル:言葉にして話したり、反省会っていうのはしないんですけど。前はライヴ前に“頑張ろう”くらいの薄っぺらいことしか打ち合わせてなかったんですけど、今は具体的に“ここをちゃんと合わせて”とか話すようになった感じです。

宗像:ダイヴはフリーで。

カナミル:それは完全にフリー・スタイルで(笑)。

宗像:今回、カナミルのためだけにこんなにたくさんの人が来てくださって。今日の感想を聞いてみたいんですけど。

カナミル:ほんとうに来てくれてありがとうございます。すごいうれしいです。めっちゃうれしいです。でも、今日はバイトしてた測量の話ばっかりしちゃって、大丈夫ですか?

宗像:今度、測量ナイトやりましょう(場内大爆笑)

この後、場内での測量経験者の数を聞いたところ、全体の5%になることが判明。“これからどんどん測量系アイドルとして売り出していきましょう”の宗像さんのコメントでイベントは拍手の中幕を閉じ、続いてサイン会、チェキ会が行われた。

『IDOL AND READ 005』
A5判/240頁/本体1,200円+税
ISBN:978-4-401-77139-4
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報