有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘ら出演新月9ドラマ主題歌に手嶌葵「明日への手紙」

ツイート

2016年1月18日スタートのフジテレビ系新月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。有村架純、高良健吾、高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎という俳優陣を迎えて、若者たちのリアルな恋を丁寧に描いていくこのドラマの主題歌に、手嶌葵が歌う「明日への手紙」が決まった。

ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、『東京ラブストーリー』以降、『愛し君へ』、『それでも、生きてゆく』、『mother』、『最高の離婚』など数々の名作を世に送り出してきた坂元裕二脚本による本格ラブストーリー。東京という街の片隅で、自分の抱える困難に縛られながらも必死でもがき、前向きに生きようとしている若者たちの恋を描くこの作品にとって、一体どんな曲が主題歌に相応しいのだろうと考えていたドラマプロデューサーの村瀬健 氏がたどり着いたのが、手嶌葵の声だった。

「人から見たら過酷すぎる境遇にありながら、決して暗くならずに明るく前向きに生きてきたことで、練(高良健吾)という運命的な相手と出会うことになる主人公・音(有村架純)の心情を『歌』という形で表現できるのは手嶌さんの声以外にないと思いました」

「手嶌さんの歌声は、今の日本でもっとも“せつない声”だと思います。曲の前に、手嶌さんのあの『声』こそがこのドラマの世界には必要だと思ったのです」

手嶌のアルバムを聴いていた村瀬 氏は、『Ren'dez-vous』に収録された「明日への手紙」に出会う。「元気でいますか。大事な人はできましたか。いつか夢は叶いますか。この道の先で」という歌い出しから始まるこの曲の描く世界は、まさにドラマの世界そのもの。手嶌のせつない歌声で唄い上げられるその曲が、故郷の町から東京の街に出てきて右も左もわからないまま一人で生きようとする音の人生と見事に重なって聴こえ、この曲こそこのドラマの主題歌にふさわしいと考えたという。

さらに手嶌サイドから「もう一度この曲を作り直しましょう」という話になり、蔦谷好位置プロデュースによって、このドラマのためだけのオリジナルバージョンを制作。手嶌葵が新たにボーカルのレコーディングを行ない、完全なる新バージョンの「明日への手紙」が誕生した。

「こんなにストレートに作品と合致する歌があるなんて、、と凄く凄く驚きました。そしてなにより、作品の中で生きる人たちの気持ちが歌詞で表されていて本当に心が締め付けられるような思いでした。手嶌さんの歌声はきっとこのドラマをより切なく、より愛おしくして下さると思います。壊れないように大切に大切にしたくなります。私はこの歌が大好きです。作品を観て下さる方々にこの歌の想い、ドラマの想いが届きますよう心から願っています。」── 有村架純

「聞いた瞬間本当に鳥肌がたちました。もともとあった曲だと聞いてドラマの最後に手嶌葵さんのすてきな声が流れてくるイメージが浮かんで、ぴったりだと思いました。一生懸命に生きている方々が東京にもたくさんいるはず。うまくいかなくても東京に生きていて、自分に何もないと腐れてしまいそうになってる人物もこのドラマには出てきます。そんな役を通して視聴者の皆さんに届けられるものがたくさんあるはずと信じています。ドラマの登場人物それぞれが抱えている過去や今が描かれたあとに、最後に手嶌さんの主題歌が癒やしてくれることになると思います。」── 高良健吾

「昨年リリースしたアルバムに収録されていた私自身にとっても大事な曲でしたので、今回ドラマの主題歌に選んでいただけたことで、また多くの方々に聴いていただける機会になることを嬉しく思っています。ドラマを見て下さる方々に優しく寄り添えればいいなと思っています。」── 手嶌葵

この記事をツイート

この記事の関連情報