ポイズンのブレット・マイケルズ「リッキー・ロケットは本物のファイター」

ツイート

ポイズンのドラマー、リッキー・ロケットが癌を公表したことを受け、バンド・メイトのブレット・マイケルズ(Vo)がコメントを発表した。

◆ブレット・マイケルズ&リッキー・ロケット画像

「リッキーのことを想い、祈っている。ずい分前から彼がこのタフな戦いに挑んでいることは知っていた。彼の体調について訊かれることもあったが、リッキーの希望を尊重し、彼が自分で話す準備ができるまで、俺がなにか言うべきではないと思っていた。彼は長年の友人で、本物のファイターだ」

ロケットはこの夏、体調が良くなく病院へ行ったところ、舌の付け根に腫瘍が見つかり、口腔がんを患っていることが判明した。すでに数週間にわたる化学療法と放射療法を終えており、2月にPET(ポジトロン断層法)を受ける予定。

幸いなことに、医師からは治療可能だと言われているという。ロケットは、「2月初めにPETスキャンを受ける。そこが肝心なんだ。(癌が)活性化しているかわかる。医者は、それはないだろうと考えている。だから、俺は幸運を祈ってるんだ」と話している。

ロケットいわく、彼の癌はアイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンや俳優のマイケル・ダグラスが患ったものと似ているという。2人とも克服している。

My thoughts and prayers go out to Rikki. I have known for awhile he was going through this tough battle. Although people...

Posted by Bret Michaels on 2015年12月15日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報