『ラブライブ!』ヘッドホン登場

twitterツイート

Pioneerのハイレゾ音源対応ヘッドホン「SE-MX8-K」が『ラブライブ!』とコラボ、全9モデルSE-MX8-Kが期間限定で予約発売となる。

◆SE-MX8-K画像

μ'sの9人のイメージがハウジング部にデザインされ、各メンバーごとにオリジナルデザインが施された専用キャリングポーチが付属する。パッケージもオリジナルデザインだ。ヘッドホン本体はコンパクトに折り畳みができ手軽に持ち運べる。

ベースモデルとなるヘッドホン「SE-MX8-K」は、5Hz~40kHzというワイドレンジ再生が可能な自社開発の大口径40mmドライバーを搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応するとともに、チャンバー(空気室)を搭載することで、迫力の低音再生と高品質な高音再生を両立した最新機種だ。ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicでは、『ラブライブ!』の各音源をハイレゾ配信しており、本モデルと高音質な楽曲で『ラブライブ!』の世界観を楽しむことができる。




SE-MX8-K

通販サイトONKYO DIRECTでの予約
予約期間:2015年12月21日(月)12:00から2016年1月15日(金)15:00まで
製品発送:2016年3月下旬予定
販売価格:24,800円(税抜)
発売元:オンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社
【SE-MX8-Kの主な特長】
・迫力ある低域再生を実現した自社開発の大口径40mmドライバーCCAW(銅被覆アルミニウム線)ボイスコイルと駆動力を高める大型の強磁力希土類マグネットを搭載した口径40mmの自社開発ドライバーにより、透き通った中高域再生と豊かで迫力のある低域を再生。また、自社開発した振動板は、コンピューター解析・シミュレーションを繰り返し行い、振幅対称性を向上させることで低歪化、低域感度の向上および広帯域再生を実現。5Hzから40kHzまでのワイドレンジ再生が可能で、高い解像度のハイレゾ音源を再生する。
・ハウジング外部にチャンバー(空気室)を搭載することで、レスポンスの良い低域再生と外部の騒音に対する遮音性能を高め、ハウジングのフロント容積を増やし重低音と空気感を出すことで、クラブフロアにいるような臨場感ある音づくりをしている。
※レザータイプヘッドバンド、アルミ製ハンガーおよびスピン加工を施したフェイスプレートで、高品位なデザインを実現
※ヘッドバンドとイヤーパッドには肌ざわりの良いレザータイプ素材を使用するとともに、イヤーパッドには低反発ウレタンを採用し快適な装着感を実現
※コンパクトに折り畳め持ち運びに便利
※iPod/iPhone/iPadに対応したマイク付リモートコントローラーを搭載
※持ち運びに便利なキャリングポーチを付属
・型式:密閉型ダイナミック
・使用ドライバー:φ40mm
・出力音圧レベル:100dB
・再生周波数帯域:5Hz ~40000Hz
・最大入力:1000mW(JEITA)
・インピーダンス:45Ω
・接続コード:1.2m(OFCリッツ線)
・プラグ:φ3.5mm L型4極ステレオミニプラグ(金メッキ)
・質量:233.0g(コード含まず)
・付属品:キャリングポーチ(各メンバーごとにオリジナルデザインが施された専用キャリングポーチ)

◆オンキヨー&パイオニアイノベーションズ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス