【特別対談】★STAR GUiTAR vs ハジ→、「隠し味が好きだけど発見して面白がってくれる人はなかなかいない(笑)」

ツイート

■『Wherever I am』は変わり始めた最初の1日で『Wherever You are』はそれ以降です
■時間軸が少し未来なんですよ。きっとこれからもどんどん変わっていくと思うから


ハジ→:SiZKさんって、音楽を作る時、いつもどういうところからインスピレーションを得るんですか?

★STAR GUiTAR:それとまったく同じ質問をハジ→くんにしたいと思ってた(笑)。

ハジ→:じゃあ、先行、ハジ→で(笑)。僕はやっぱり歌なので、鼻歌と……感情が昂ぶった時、例えば凄く悔しかったことでもいいし、映画を見て気持ちが昂ぶってブワッと泣いた時とか、ニュースを見て心にいろんな感情が渦巻いた時に言葉とメロディが浮かぶんですよ。そういう時は、もし映画を観てたなら、DVDを止めて曲を作り始めますね。


▲★STAR GUiTAR

★STAR GUiTAR:とっても羨ましい、音楽家らしい作り方だね。僕は本当にそういうのがないんだよ。ちゃんと机の前に座って、「さぁ始めましょう」ってやらないと出来ない。伝えたいものとか、感情っていうのもあるんだろうけど、それって作り始めてから出てくるんです。自分がポロポロ弾いているうちに出てくるので、そのポロポロが出てこないと、なんの目的もない状態から始まる。「曲を作る!」っていう目的だけで最初は始まる。なので、ハジ→くんみたいに、ちゃんと感動して、「さぁ作るぞ!」ってやってみたいなぁ。ただ、今回はちょっと特殊だったんだけど、自分でピアノを弾きたいと思っていたから、ギリギリまで打ち込みをやめようと。本当に弾き語りみたいに1音ずつ探して紙にメモって、1コーラスくらいまではそのやり方で作り上げて、そこから打ち込みを始めましょうみたいな感じだったんです。

ハジ→:へぇ~。今までと作り方がまったく違うんだ。

★STAR GUiTAR:変えました。今回はイレギュラーで今までなかった感じになりましたね。今までこういう、弾き語りみたいな作り方をしてこなかったし、初めてだったので次の音は頭の中に鳴ってるけど、どこを弾けばいいかわからないから、それを探すような作業でした。

ハジ→:僕の場合は、サビが先に出来るんですけど、サビって主題だと思うので、「この曲だったらこれを伝える」というテーマがまず先に決まるんです。そういう部分では、SiZKさんの曲にもタイトルってありますけど、そのタイトルが思い浮かぶタイミングとか、テーマが決まるタイミングっていつなんですか?

★STAR GUiTAR:なんとなく作っていくと、ハジ→くんみたいにサビ的な、曲としてのメインみたいなところが出来てくるんですよ。その時に、なんとなくはあるんですがタイトルとしては全然決まってないので、「こんなことを伝えたい」っていう、文章だけでおいておいたり。タイトルが見つかるまでは何もしない。伝えたいことだけは決めておくっていう感じですね。だからタイトルはいつもギリギリになっちゃうんですよ。言葉が出てくるまで時間がかかる。


▲ハジ→

ハジ→:歌詞がないからどうやってタイトルを決めるのか謎です。「Changing The Same」なんてどうやって考えたんですか? イントロのグニャグニャのシンセを聴いた時に「やってきたなー!SiZKさん!」と思って(笑)。

★STAR GUiTAR:はっはっはっは(笑)。えげつない展開してるよね。とことん展開していくから。この曲は、「変わり続ける変わらないもの」っていう意味なんですけど、『Wherever I am』の方で、ほとんどピアノみたいな曲をやってるんですけど、極力ダンスミュージック排除みたいな方向性で作って、極力ループをしないっていうテーマがあったので、そこを踏まえた上で、元のダンスミュージックをどう足すか……みたいな。そういう意味で、「Changing The Same」ってつけたんですよ。変わるんだけど、変わらないという。

ハジ→:それって一番かっこいいですよね。変わり続けてるけど変わってない。軸はブレてない。でもやっぱり成長していて、いろんな部分が表現出来るようになっててっていう。

★STAR GUiTAR:うんうん。『Wherever I am』がなければ、「Changing The Same」って曲は生まれてなかったんだよね。実は、『Wherever I am』の方は、変わり始めた最初の1日で、『Wherever You are』はそれ以降なんですよ。その先の物語というか。進み始めた先が『Wherever You are』で、時間軸が少し未来なんですよ。きっとこれからもどんどん変わっていくと思うから、これが完成ではないんだろうなっていうのはわかっている。どう変わるかはわかってないけど。

ハジ→:お互いに、自分がやってることに飽きたくないですよね。

★STAR GUiTAR:ハジ→くんは2016年は5周年で、10月にベストアルバム『ハジベスト。』がリリースされたそうですね。「おまえに。」とか「人生は素晴らしい物語。」とか、僕がアレンジャーとして関わった曲も収録されていますが。


▲ハジ→『ハジベスト。』

ハジ→:そうなんです。SiZKさんと一緒にやった曲は大人気なんで。「おまえに。」はシングル的な立ち位置ですけど、「人生は素晴らしい物語。」はアルバムの1曲なのに、この曲のファンがすごく多くて。SiZKさんのアレンジはすごくシンプルなんですけど、歌に寄り添ってくれるトラックで。いまだにライヴでは最後の方に歌ったりしています。プロ野球選手の方でこの曲のファンの方がいて、登場する時の曲にしてくれていたり。こうやって見ると、僕の曲が歌詞が多いですね(笑)。

★STAR GUiTAR:確かに(笑)。さっきも伝えたいことから書いているって言ってたけど、それがよくわかる。

ハジ→:例えば聴いてくれている人が小学生だったとしても、言葉の意味がわかる人ならば、ちゃんと理解できる、国語の教科書のようなものにしていくというのが一つのこだわりなんです。だから、最近は小さい子のファンも増えているんですよ。

★STAR GUiTAR:へぇ~。言葉の乗せ方のテンポ感とかもめちゃくちゃこだわりますよね。トラックのテンポとかも。

ハジ→:そう! 僕はBPM(曲のテンポ)って、「~.5」の単位でこだわる。最近はちょうどいいテンポはすぐに見つけられるようになりましたけど、初期の頃はしっくりくるまで時間をかけたから、SiZKさんに「そこにそれだけ時間かけるの?」って言われたことがありましたよね(笑)。

★STAR GUiTAR:あったあった!(笑)でも、確かに、BPMによって、言葉の語尾の長さまで変わるから、「なるほど」って思った。それこそブレスを入れる位置も変わってくるからね。その時に、「ハジ→くん、すごいな」って思ったんだよ。

ハジ→:レコーディングしたあとに絶対に自分で客観的に聴いて、もし言葉が伝わりにくいと思ったら徹底的に直します。街で鳴っていても、気になってずっと聴いていたら全部歌詞がわかるようにしたいんです。知らない言葉があったりすると、国語の文章として、「ん?」というところが出てきてしまったら、その先がもう入ってこない。だから、そこは僕のこだわりなんですよ。SiZKさんにとっては、作ることって楽しいことですか?

★STAR GUiTAR:うん。苦しいっていう感じでは作ってない。きっと、休みをもらっても、作っちゃうんだろうな(笑)。

ハジ→:逆に何もしていない時って何してるんですか?

★STAR GUiTAR:音楽作らなくていいって言われると、やることがなさすぎて困りますね。

ハジ→:わかる! 我々はそうなりますよね!

★STAR GUiTAR:どうすればいいかわからないよね。むしろ不安。逆に、ハジ→くんとかはどうしてるの?

ハジ→:僕は最近知ったのは、自然っていいなってことなんですよ。この前沖縄で、ツアーのファイナルの日から2日間くらい完全オフをいただいて。その時は携帯も持たず、メールも一切見ず、SNSも休んで、沖縄の凄く綺麗な海を見て、山を見て、空を見てたら「人間の幸せとはこれだ!」みたいになってきて(笑)。

★STAR GUiTAR:一度フラットになるってことだね。

ハジ→:凄くリフレッシュしますよ。でも、また元の生活に戻ればそれも楽しいから。だから、どっちも楽しめるようになりたいなって思った。確実にわかったのは、自然に身を置くと、インターネットに追いかけることもなくなって、ゼロに戻れるんですよ。これって今、忘れがちなことだと思うから、すべての人におすすめしたい。

★STAR GUiTAR:それ、面白そうだな。まずは僕、それをやってみます。空っぽになってみます!

取材・構成・文●大橋美貴子

リリース情報

【CD】★STAR GUiTAR『Wherever You are』
CSMC-026|2015年12月9日発売|¥2,000(税抜)
1.Only The Begining
2.Changing The Same
3.Child's replay feat. H ZETT M
4.forgive feat. re:plus
5.drop me
6.Cross Our Path
7.My Classic
8.remedy
9.There is...
10.Trace back feat. Lotas Land
11.To the moon and back
12.Wherever We Are

【配信】
1.Only The Begining
2.Changing The Same
3.Child's replay feat. H ZETT M
4.forgive feat. re:plus
5.drop me
6.Cross Our Path
7.If in life
8.My Classic
9.remedy
10.To the moon and back
11.Transparent
12.Wherever We Are

ハジ→『ハジベスト。』
2015.10.7リリース
【CD】 ※初回限定盤、通常共通
01. 君と。
02. for YOU。
03. 記念日。feat. miwa
04. 踊れジャポネ→ゼ♪♪。
05. Only One。
06. あなた。
07. 人生は素晴らしい物語。
08. ずっと。
09. 指輪と合鍵。feat. Ai from RSP
10. 証。
11. 春色。
12. sumire。
13. ぱぴぷぺぱーり→。
14. 逆転満塁ホ→ムラン☆♪。
15. 卒業サヨナラ。
16. おまえに。

【DVD】 ※初回限定盤のみ
「ハジベスト。までの道のり☆。」
~デビュー前からの軌跡を振り返るスペシャルロングムービー!
「記念日。feat. miwa」メイキング映像も収録!~

[初回限定盤(CD+DVD)]
¥3,685(税抜)+税
UPCH-29196

[通常盤(CDのみ)]
¥2,759(税抜)+税
UPCH-20401

ライブ・イベント情報

<ハジ→ 5th Anniversary 「ハジ→’s シネマ」 ~ welcome to my history~>
日時:2016年1月16日(土)開場 17:00 / 開演 18:00
場所:仙台サンプラザホール
詳細:http://www.hazzie.info/news/0/23288

<ハジベスト。ツアー♪♪。~ありがとう、これからもよろしくね☆ 2016~>
2016年2月25日(木)Zepp Fukuoka
2016年3月5日(土)Zepp Nagoya(SOLD OUT!!!)
2016年3月6日(日)なんばHatch
2016年3月12日(土)、13日(日) 金沢 EIGHT HALL ※2days
2016年3月21日(月祝) BLUE LIVE HIROSHIMA
2016年3月30日(水)、31日(木) 仙台 Rensa ※2days
2016年4月2日(土) 札幌 PENNY LANE 24
2016年4月9日(土)、10日(日) 高松 オリーブホール ※2days
2016年4月16日(土)、17日(日) 長崎 DRUM Be-7 ※2days (SOLD OUT!!!)
2016年4月24日(日) 東京・豊洲 PIT
チケット:詳細はハジ→オフィシャルHPにて http://hazzie.info/


◆対談(1)へ戻る

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス