【ライブレポート】PE’Z、解散。「また一緒に演奏したい」

ツイート

12月19日、PE’Zが16年間の活動の集大成となったラストライブ<EN-MUSUBI 2015 FINAL~おどらにゃそんそん~>を東京・昭和女子大学人見記念講堂にて行なった。

◆ライブ画像

オフィシャルから届いたレポートを掲載する。

  ◆  ◆  ◆

本公演は、およそ2,500人という少ないキャパシティの会場で実施されたもの。ひとりでも多くのファンにこのライブを観てもらいたというメンバー達の強い思いからUstreamでの完全生放送が決定し、全国各地の約1万人の元へと届けられた。



オープニングでは、客席の灯りが落ちるとメンバーそれぞれとバンドの過去の活動を振り返る映像が上映され、テレビ番組のナレーションや格闘技のあおり映像のMCで有名な立木文彦氏の熱い語りが会場を盛り上げていく。スクリーンを兼ねた白い幕が上がりメンバー達が舞台上に姿を現した。

ライブは初期から欠かすことの無かったナンバー「collective mode」からスタートし、MCを入れずにひたすら曲が演奏されていく。途中3回の映像を挟みながらも21曲を一気に駆け抜け、遂に本編ラスト前、Ohyama‘B.M.W’Wataru(Tp)がマイクの前に立った。「じいさんになってもずーとPE’Zをやっていくので、、と皆に言い続けてきたのに約束を守れなくてごめん!僕らは今日で解散します。明日から新しい日々が始まります。その意味で、今日のこの瞬間がまさに僕らと皆さんにとっての暁です」と語って演奏された「Akatsuki」に多くのファンが涙し、バンドの渾身の演奏に酔いしれた。




メンバー達が舞台を去るやいなや、沸き起こったアンコールの大歓声が起こり、それに背中を押されるようにすぐに5人が姿を現した。

「本当に16年間幸せなPE’Z人生でした」──航(Dr)

「昨年の末に解散宣言をして、今日のライブを迎えるまでの1年間が一番成長したかもしれません」──Kadota‘JAW’Kousuke

「本当にやりきりました。これからもPE’Zの音楽を聴いてくれればPE’Zの音楽は永遠に不滅です」──Nirehara Masahiro(WB)




三人の心からの想いが伝えられると、「今日会場に集まったみんなの向上のために」という絶叫と共に「JumpUP!」と「The LEGEND」の2曲を披露。ダブルアンコールでは、最後にヒイズミマサユ機(Key)が口を開いた。普段あまり真面目な話しをしない彼が「このステージからの景色は一生忘れない」「一番自分らしいのはPE’Zをやってる時だった」と淡々としつつも熱い心情を吐露。「それぞれ5つの点が再び合わさる日が来たとき、また一緒に演奏したい」という最後の言葉には、観客から鳴り止まない拍手と歓声が沸き起こり、インディーズデビューアルバムの1曲目に収録され、まさにPE’Zの出発点ともいえる「HEY!JORDU!」を披露してステージは幕を閉じた。



メンバー達が舞台を降り、立木氏がナレーションを務める映像の後に「16年間ありがとうございました」というメッセージが流れた。観客が出口を目指したその時、照明も当たらない舞台に5人が再び登場。手を合わせて観客に向かって深々と礼をした。これは、活動時には決してなかったことだという。彼らの持てる力のすべてをかけた最後のライブは記憶に残るステージとなり、この日をもってPE’Zの活動は終焉を迎えた。


なお、2月24日に本公演の模様を収録したライブCDのリリースが決定している。


New Album『PE'Z 終演 EN-MUSUBI 2015 FINAL~おどらにゃそんそん!~』

2016年2月24日(水)発売
QECW-1004~1005
CD2枚組
¥3,780(tax in)
WA STOREにて限定特典付きで予約受付中
http://wa-store.net/item/?id=QECW-1004_1005

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス