プログレッシブでポップ! クウチュウ戦がカラオケDAM 1月のD-PUSHアーティストに!

ツイート

1月20日にセカンドミニアルバム『Sukoshi Fushigi』をリリースする4人組ロックバンド「クウチュウ戦」(クウチュウセン)。プログレッシブでポップ、ユニークな音楽性と確かな演奏力でロック好きなら要注目の彼らが、カラオケDAMの2016年最初のD-PUSH!アーティストに決定。カラオケ店の映像やウェブでその魅力をチェックすることができる。

◆クウチュウ戦~画像&映像~

クウチュウ戦は90年生まれの4人組ロックバンド。2008年にリヨ(Vo/Gt)とニシヒラユミコ(Ba、この名前&こう見えても間違いなく男性)が原型となるバンドを結成、2011年にベントラーカオル(Key)が加入し、2012年にシングル「意気消沈/白い十代」リリース。さらに2013年に10分超の曲を含む1stアルバム、その名も『プログレ』をリリース。二十歳台とは思えない高度な演奏力とプログレッシブな音楽性で注目を集める。そして2014年にアバシリ(Dr)が加入し、現在のメンバー構成となる。2015年リリースの1stミニアルバム『コンパクト』では、美しいメロディとユニークな視点を持った歌詞、Voリヨの歌心といった彼らの本質をむき出しにし、日本のポップミュージック最前線に向かう決意を表明した。

そして待望の2ndミニアルバム『Sukoshi Fushigi』は、その意志をさらに加速させ珠玉のポップミュージック/ポップソング集として結実。これぞプログレな展開を見せる変態ロックから、プログレmeets昭和歌謡/シティーポップ/バラードなど、ポップセンスと天性の歌心が爆発した振り幅の広い楽曲が揃った。


そんなまさにノリに乗っているクウチュウ戦を、カラオケDAMがこの1~2月猛プッシュ。まずカラオケの合間に流れる番組「DAM CHANNEL」のD-PUSH!コーナーにゲストとして登場、MCのマギーとのトークが配信される(1月12日から2月1日まで)。また、全国のビッグエコーではフロントに設置されたモニターにMVを放映(2月初~2月末)、渋谷駅前の街頭TVおよび新橋駅前設置のLIVE DAM STADIUM VISIONでもカラオケ本人映像のCMがオンエアされる(渋谷は1/6~12、28~31、新橋は1/6~1/31)。

カラオケDAMの目次本も要チェック、DAM express 1月号にインタビュー記事が掲載。また、ウェブサイトclubDAM.comでもインタビューとリリース情報をチェックできる(1月1日~31日)。

そして忘れてならないのが、カラオケ楽曲配信。前作『コンパクト』収録の「追跡されてる」「MUSIC TRAVELER」「作られた歌」「アモーレ」に続き、最新作『Sukoshi Fushigi』収録の「光線」のカラオケ配信がスタート。1月12日からは本人出演の「光線」MV映像の配信も行われる。クウチュウ戦でしかありえない新世代プログレ×ポップミュージックの世界を、カラオケでしっかり味わいたい。

リリース情報

2nd mini album『Sukoshi Fushigi』
DQC-1513/¥1,000円(税込)
2016年1月20日発売 
【収録曲】
01. 光線
02. 青い星
03. 雨模様です
04. 台風
05. にゅうどうぐも
06. エンドレスサマー

ライブ情報

・1月17日 U.F.O.CLUB 20周年記念 “A Man's Man's Man's World”
 高円寺U.F.O. CLUB w/ ワッツーシゾンビ 、オワリカラ
・2月14日 クウチュウ戦『Sukoshi Fushigi』発売記念ミニライブ&サイン会(大阪)
 タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
・2月21日 クウチュウ戦『Sukoshi Fushigi』発売記念ミニライブ&サイン会(東京)
 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース


この記事をツイート

この記事の関連情報