最上川 司、亡き祖父への想いを桜に重ねた新作「ひとひらの桜」リリース

twitterツイート
▲「ひとひらの桜」初回盤

最上川 司が、2月3日にニューシングル「ひとひらの桜」をリリースすることが明らかになった。

◆「ひとひらの桜」ジャケット画像

今作は初回盤と通常盤の2形態を用意。ジャケットの撮影は都内の由緒ある茶室にて行なわれ、戦国時代の武将をイメージさせる鎧と和服を身に着けた凛々しい姿を披露している。

表題曲「ひとひらの桜」は、最上川の故郷・山形の桜をモチーフに最上川自身が作詞・作曲を手掛けたもの。自身の祖父の死に目に会えなかったという想いを、やがて散りゆく桜の花の切なさに重ねて歌い上げた楽曲となった。今回、中棹三味線と尺八でサウンドに“和”の奥深さを添えているのは和楽器ユニット HIDE×HIDEだ。彼らはミュージックビデオにも友情出演が決定している。さらに、最上川の所属するヴィジュアル系バンド THE MICRO HEAD 4N’Sからはリーダーのkazuyaがギターで参加し、今までの演歌のアレンジを覆すエッジ感を盛り込むことにより最新型のデジタル演歌に仕上がったとのこと。

また、最上川の誕生日である3月6日には羽田空港国際線ターミナル直結のTIAT SKY HALLにて<最上川 司 演歌歌謡ショー 誕生祭 炎舞~ひとひらの桜~>の開催が決定。チケットの先行発売情報は後日発表となる。

  ◆  ◆  ◆

■最上川 司 コメント
この曲はまつぽいよと同時期につくられたもので、高校時代の春3月に亡くなった祖父を想って書いたのが作曲のきっかけです。
春という事で、震災で亡くなった方々への想いも自分なりに込めさせて頂きました。
卒業式や別れのシーズンにこみ上げる愛しい人への届かぬ想いを描く作品となりました。
じいちゃんっ子であった為、祖父との別れ時、死に目に会う事ができなかった事を今でも悔やんでおり、葬儀の時に形見としてもらった貨幣をお守りにしてサイフにしのばせ、いつでもじいちゃんに見守られているんだと信じて毎日を生きております。

  ◆  ◆  ◆

▲「ひとひらの桜」通常盤

New Single「ひとひらの桜」

2016年2月3日(水)発売
■初回盤(CD+DVD)
UPCY-9451定価:¥1,852(税抜価格)+税
[CD]
1.ひとひらの桜
2.最上川慕情
3.恋の霞城
4.ひとひらの桜 オリジナル・カラオケ
5.最上川慕情 オリジナル・カラオケ
6.恋の霞城 オリジナル・カラオケ
[DVD]
ひとひらの桜 Music Video
ひとひらの桜 振り付けビデオ
メイキング

■通常盤(CD)
UPCY-5014定価:¥1,204(税抜価格)+税
1.ひとひらの桜
2.最上川慕情

※インストアイベント開催決定。詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

<最上川 司 演歌歌謡ショー 誕生祭 炎舞~ひとひらの桜~>

2016年3月6日(金)東京・TIAT SKY HALL
出演:最上川 司 他
1部:開場 14:30/ 開演 15:00
2部:開場 18:00/ 開演 18:30
前売 ¥4,000 (ドリンク代別¥500/整理番号付/イス有・全席自由席)
チケット先行発売:Official web先行 Get ticket 発売予定(詳細近日発表)
チケット一般発売:2016年1月31日(日)各プレイガイド(詳細近日発表)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス