坂本龍一の最新の姿をレッドブルが公開

twitterツイート

(C)Wing Shya / Red Bull Studios Tokyo

坂本龍一の最新の姿を追ったドキュメンタリー映像「Ryuichi Sakamoto Requiem」をレッドブル・スタジオ東京が公開した。

映像は、坂本龍一の復帰後初めてとなる映画『母と暮せば』(監督:山田洋次、出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華ほか)のオリジナル・サウンドトラック制作現場を追ったドキュメンタリー作品。坂本龍一の「今」の姿を捉えている。映像は、坂本龍一のドキュメンタリー写真展「Behind the Tracks」の期間限定 特設サイト内( http://ryuichisakamoto.redbull.com )にて。

また坂本龍一の創作活動に用いる膨大なエナジーはどこから湧き出てくるのか、そのパワーの源を語った独占インタビューもレッドブル・ジャパンのウェブサイト( http://www.redbull.com/jp/ja )で公開中されている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報