中 孝介、「地上で、最も優しい歌声」と一緒に歌おう!カラオケパーティーを開催

ツイート

【インタビュー】中 孝介

──お疲れさまでした!今日の感想を訊かせてもらえますか?

中 孝介(以下、中):いや~もう、改めて自分の曲をこんなに大切に聴いて、歌ってくれている方がいるんだなって。普段はわからないんですよね。どういう人がいつ、どこでどう聴いているのかっていうのは、まったく実感することがないんです。なので、こうやって「あ、この曲も知ってくれているんだ」っていうのを直に感じられるというのは、励みになるし、すごく嬉しいことですね。

──前回は2014年にカラオケイベントを行っていらっしゃいますが、前回と比べるといかがでしたか。

中:やっぱりみなさん、本当に歌が上手ですよね(笑)。前回やったときも、上手い方がいて、一緒に歌うことにこっちの方が緊張するみたいなことはありましたね。「次の人、上手かったらどうしよう!?」みたいな(笑)。だから、そういう気構えは今回ありましたね。

──中さんご自身は、プロの歌手になる前からカラオケは好きだったんですか?

中:もう、大好きですね。今でもプライベートで行きますし。

──お友だちと行くと、ご自身の曲を歌ってくれって言われないですか?

中:本当に仲の良い友だちからは言われないですね。僕は基本的に昭和歌謡曲ばかり歌いますね。だから今日のキャンディーズの曲も知っていました。

──中さんの曲をカラオケでもっと上手に歌いたいと思っている方にアドバイスがあればお願いします。

中:僕自身がずっと島唄をやっていましたので、こういうポップスを歌ってもちょっとコブシがまわるところがあるんですけど、あんまりそういうところは真似しようとしない方が自然だと思います。僕自身も、それはそうなっちゃう感じなんですよ、どちらかというと。だから、曲の流れに身をまかせて、自然な表現をするのが良いんじゃないですかね。

──やはり、中さんの歌うニュアンスを真似たいという人もいるでしょうからね。

中:そうなんですよ。ですけど、それをやっちゃうと無理矢理感が出てくるので、それはあまり意識しなくても良いと思います。

──それにしても、ファンのみなさんは中さんの隣に立ってもすごく堂々と歌っていましたよね。

中:そうですね(笑)。でも、むしろ僕はそうしてほしいですね。自分自身も解き放たれますし。遠慮されると、こっちも歌っちゃいけないかなって思っちゃいますから。自分ばっかり歌っていると大人げない感じがしてきちゃうので(笑)。みなさんが全開で歌ってくれると、僕も全開で歌えます。

──イベントの最後に、最新シングル「目をとじても」を歌っていただきましたが、この曲はいつもどんなお気持ちで歌っているのでしょうか。

中:僕が歌をやるようになったこともそうですし、カラオケで昭和歌謡曲が大好きで歌ったりするのも、母親の影響があるんです。小さい頃からずっとそういう音楽がステレオで鳴っていて、当初は何を歌っているのかもわからないし、「なんか辛気臭い歌、歌ってるな」っていう感じで子どもの頃は聴いていたんですけど(笑)。やっぱり、自分が歳を重ねて行くうちに、日本の昔の音楽の良さというのは、歌詞の表現にあると感じていて。ストレートに伝えるんじゃなくて、物事や自然のことだったりに置き換えて表現している部分が素晴らしいと思うんです。詞の向こうに、それぞれの人たちが生きてきた人生を投影できるというか。そういう景色が見えてくる詞が多いんですよね。母親もすごくカラオケが好きで、街の小さい夏祭り、納涼大会とかで「歌上手いから歌って」みたいな感じで歌う姿も見ていましたし、自分もそういう母の背中を真似してじゃないですけど。この曲の最後にも“わたしは あなたを真似て 生きていく”という詞がありますけど、やっぱりこの声というのは親からもらった声ですし、声帯・声質って絶対変えられないので。それをもらって自分は歌っているんだなっていうことを、いつも思いながら歌っていますね。この曲は、人によって色んな解釈の仕方があると思うんですけど、僕の場合は親に感謝しています。

──2016年は年男、そしてデビュー10年目という記念すべき年になるわけですが、デビューしてからの足跡を振り返るとどんなお気持ちでしょうか。

中:出逢いが出逢いを呼んで、今自分はここにいるので。本当に運の良い人生を歩ませてもらっています(笑)。それに尽きますね。この世界に入って来たのも、別にオーディションを受けたわけでも下積みがあったわけでもないですし。でもこれだけの人が、今日も僕の曲を好きですってカラオケで歌ってくれて、ちゃんと僕の曲を愛してくれているのがにじみ出ていたので。そういう人たちとの出逢いだったりとか、それは本当に運が良いと思っています。10年やれたことは、本当に周りのみなさんのおかげですし、すごく大変なことではあるんですけど、また10年前に感じていたことを思い出して、初心に帰るというか。これからアルバムを出したりということもあると思いますし、そういう気持ちで、いただいた曲と向かい合っていこうと思います。ずっと長く歌っていけるように、自分自身も真剣に歌と向き合っていきたいですね。

取材・文・写真●岡本貴之

リリース情報

シングル「目をとじても」
発売中
ESCL-4544 \1,200(tax.in)
1. 目をとじても
2. 証
3. さゆさ
4. 目をとじても(カラオケ)

ライブ・イベント情報

<イオンレイクタウン 鹿児島県フェア 中 孝介 ミニライブ>1月23日(土)
時間:(1)14:00~ (2)17:00~
場所:イオンレイクタウン 1F 木の広場

<第22回 NDSスペシャルコンサート 高嶋ちさ子「ちさ子の部屋」>
1月28日(木) 愛知県芸術劇場コンサートホール
ゲスト出演 中 孝介

<トヨタカローラ山形スペシャル めざましクラシックスin山形>
3月12日(土) 天童市市民文化会館
出演:高嶋ちさ子(Vl.) 軽部真一(フジテレビアナウンサー)
スペシャルゲスト 中 孝介

この記事をツイート

この記事の関連情報