【2016年グラミー特集】グラミー生涯業績賞、ハービー・ハンコックやアース・ウィンド&ファイア

twitterツイート

第58回グラミー賞の特別功労賞生涯業績賞(Lifetime Achievement Award)受賞者が13日に発表され、ハービー・ハンコックやアース・ウィンド&ファイアなど7組が選ばれたことがわかった。

過去には先日逝去したデヴィッド・ボウイも選ばれているこの賞は、レコーディング分野で顕著な芸術的意義をもたらしたパフォーマーに贈られる。今年の授賞者は以下のとおり。


●ハービー・ハンコック:フュージョンやジャズ・ファンク等多彩なスタイルを取り入れながらジャズシーンをリードする第一人者。主な作品は『ウォーターメロン・マン』『処女航海』など。

●アース・ウィンド&ファイア:ディスコ全盛期の一役を担ったファンクバンド。バンド名の由来は、占星術によるとメンバーのモーリス・ホワイトには土(Earth)・風(Wind)・火(Fire)の要素があるからなんだそう。

●RUN-D.M.C:.米ヒップホップ界の先駆者。1984年のファーストアルバムはヒップホップとして初めてゴールドディスクを獲得。1986年にはエアロスミスの『ウォー ク・ディス・ウェイ』をモチーフにした同名曲が大ヒットした。2002年にメンバーのジャム・マスター・ジェイが射殺され、グループとしての活動は休止。 本格的な再結成はないようだが、残り2人のメンバーは近年音楽フェスで「再結成ライブ」を行ったりしている。

●ジェファーソン・エアプレイン:1965年から1972年までに活動したフォーク・ロック/サイケデリック・ロックバンド。その後80年代半ばまでは「ジェファーソン・スターシップ」、 80年代半ばからは「スターシップ」などへと名称変更/再編成/分裂を続けている。「スターシップ」時代には『シスコはロックシティ(We Built This City)』で初の全米1位および日本公演を実現。

●リンダ・ロンシュタット:米アリゾナ州出身のシンガー。カバーソングを数多くリリースしたことから「カバーの女王」としても知られる。ロック・バンドのイーグルスは元々彼女のバックバンドだったんだとか。現在パーキンソン病の闘病中。

●ルース・ブラウン:ポップスのスタイルを初めてR&Bに取り入れたとされる「R&Bの女王」。1949年から1955年にかけて米R&Bチャートのトップ10に149週にわたりチャートインするほど次々とヒットを飛ばした。2006年逝去。

●セリア・クルス:キューバ生まれのサルサ歌手/パフォーマー。「サルサの女王」としても知られる。1959年のキューバ革命以降はアメリカを拠点に活躍。2003年逝去。

写真:Getty images

<WOWOWオンエア情報>

「生中継!第58回グラミー賞授賞式」 ※生中継 ※二ヵ国語(同時通訳)
2016年2月16日(火)午前 9:00 WOWOWプライム
同日夜は、字幕版でリピート放送
★「第58回グラミー賞授賞式」※字幕
2016年2月16日(火)よる 10:00 WOWOWライブ

◆WOWOWグラミー特集
◆WOWOW×BARKS2014年グラミー特集チャンネル
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス