【冬だ一番MAX祭り! 最終回】 私たちMAXも、ファンのみなさんのチアリーダーでいたい

ツイート

デビュー20周年を迎えるMAXが、12月23日に3枚組全45曲入りというボリュームのベスト盤『MAXIMUM PERFECT BEST』をリリースした。ということで、MAXの歴史を本人たちに思う存分語ってもらうこの企画『冬だ一番MAX祭り!』。今回は特別編として、『MAXIMUM PERFECT BEST』に収録されている新曲「Mi Mi Mi / My Leader」。

  ◆  ◆  ◆

特別編 Mi Mi Mi / My Leader:2015年12月23日 発売『MAXIMUM PERFECT BEST』収録


── シングルは「#SELFIE ~ONNA Now~」までですべてなのですが、ベストアルバムに収録された新曲でSEREBROのカバー曲「Mi Mi Mi」と、OMI「Cheerleader」の日本語カバー曲「My Leader」についても触れていきたいと思います。「Mi Mi Mi」は可愛らしい振り付けが印象的でした。

MINA:「Mi Mi Mi」は実は「Tacata'」の時からあるんです。

LINA:2年間温めました。

MINA:ちょうどベストアルバムの話があって、三枚組みにするっていう話も出て、じゃあ三人体制のところにもう何曲か新曲がほしいよねっていう話になり、このタイミングじゃないかということで収録することになりました。

NANA:この曲はずっと聴いていたので、体には入っていて、レコーディングは早かったですよ。

LINA:最初に聴いた時からお気に入りだったんです。

NANA:「Mi Mi Mi」は可愛らしい響きなんですけど、歌詞の内容は今のMAXだから歌えるような、大人の女性が歌えるような歌詞になっています。

LINA:可愛いんだけど一つずつワードを聴いてると人生を楽しく生きるマインドを教えてくれるような、前向きになれる歌詞です。

NANA:大人の女性ならではのコケティッシュな表現の仕方ですけど、ダンスは逆に可愛くしてね。

NANA:私は最後のフレーズが好き。一番の<明日があるかすら No one わからないから 惜しげ無く今 咲かせる花>と、二番の<何があるかすら No one わからないなら 大逆転は誰にでもありえるわ>のところがモットーです。

LINA:私は<No no 心配はいらない 経験済みだから たいがい>のところが好き。なんか応援されてる気もする。<GOD, もっとミッションを下さい!!>っていうところも好きで、まだいけるんだよってもっとミッションを下さいっていうのもMAXっぽいって感じがするの。

NANA:また新しいスタートっていう感じだね。

LINA:楽しい!

NANA:可愛らしい振りとのギャップが楽しいです。言っていることは深かったりするんです。見た目だけじゃなく付き合ってみたらすごくいい人だったみたいな(笑)。永く愛される曲になるんじゃないかなって思います。

MINA:歌詞も改めてぜひぜひ読んでほしいです。

── もう一曲の新曲「My Leader」は意外な選曲でした。

MINA:今までのMAXになかった曲調で意外でした。

LINA:仕上がりが想像できなかったよね。曲はすごく好きなんですけど、これに日本語を乗せるというのがまったく想像もつかなかったです。

NANA:今の私たちの雰囲気でこれを一体どう表現しようかなって思いました。

NANA:レコーディングの時からみんな世界に入っていったよね。

── なぜこの曲をMAXにカバーさせようと思ったんですか。

メーカー担当者:これは「 #SELFIE ~ONNA Now~ 」と同じくらいの時に世界的に流行っていたんですけど、こういうちょっと優し目な曲もありだなと思っていたんです。ベストを出すなら「Mi Mi Mi」みたいなアッパーな曲と、もう一方は優しい感じの曲にしたくて。ビートはちゃんとあるし、世界的にも流行っていて、トレンドも取り入れていて、これはMAXだ! と思いました。

── 早くこの曲を生で披露できる機会があるといいですね。

LINA:リリースイベントで好きって言ってくれる人が多くて、早くライブで生の歌を聴きたいって言ってくれました。

NANA:あとは見せ方だよね。楽しみですね。

LINA:奈々子のパートで歌詞のドレスを着るところさ(笑)。歌詞に<あなたに見てほしい白いドレスを今日おろすわ>っていうところがあって、歌っている人のイメージが出るから、なんかわかる! みたいな。初のデートで可愛く見られたいな、とかピュアな気持ちが、奈々子にもあるんだと思って(笑)。すごく照れくさいっていうか、ちょっと好きです。

NANA:あそこも好き。<あなたが楽しいときも 悲しいときも 笑顔守るのが私の役目 あなたがやり遂げたいこと全て できると信じてる>。

MINA:私いつもこれを聴いて頑張ろうって思う。

LINA:男性の人にいっぱい聴いてほしいです。女性のピュアな乙女心を。

NANA:あなたの隣にいる優しい女性はみんなこう思ってるよって。私たちMAXも、ファンのみなさんのチアリーダーでいたいですね。

── 改めてベストアルバムをリリースして、どう感じていますか。

NANA:今回のベストアルバムのリリースをきっかけに、いろんな場所で歌ってると、こんなにMAXの歌を知ってくれているんだと思うことが多くて、若い世代でもMAXの曲を知ってくれているって実感するんですよね。

MINA:自分たちでは考えないようなセットリストを考えてくれた感じで、自分たちもすごく新鮮に聴けています。

LINA:ただの過去の曲だけの寄せ集めじゃないっていう感じもあっていいよね。

── アニバーサリーですし、新曲も入っていますし、まさにPERFECTな一枚になりましたね。

MINA:『MAXIMUM』というタイトルも今までのMAXを見てくださったMAX世代の方からは思い入れがあると言ってくださって嬉しいです。アルバムや映像作品を出す時に『MAXIMUM』って付けていましたから。タイトルへの思い入れも強いですね。

── そして、2016年になりました。今後のMAXはどうなるのでしょうか。

NANA:このアルバムの後のシングルの、今までにないアイディアはいくつか出ているので。楽しみにしていてほしいです。勢いはもう……。

LINA:止まらない!

MINA:目標は、還暦で赤いスーツで「Give me a Shake」を踊るところまではいきたいですね。

LINA:健康でいます。

── 女性グループで長く続けているというのは貴重ですから、ぜひ続けていってほしいと思います。

NANA:20年目にしてそう言ってくれる人たちが多くなってきて、段々と応援してくれる人も増えてきてくれているなと感じています。まず10年!

MINA:10年後、みんなで「Mi Mi Mi」の衣装を着よう!

NANA:頑張るよ~(笑)。

この記事をツイート

この記事の関連情報