セリーヌ・ディオン、夫に続き兄を癌で亡くす

twitterツイート

セリーヌ・ディオンの兄ダニエルさんが、土曜日(1月16日)、癌のため59歳でこの世を去った。セリーヌはその2日前にやはり癌で夫を亡くしたばかりだった。

◆セリーヌ・ディオン画像

ダニエルさんは、脳、舌、喉に癌を患っており、セリーヌの姉は金曜日、もう長くはないだろうと話していた。14人兄妹の末っ子であるセリーヌは、兄や姉と仲が良く、最愛の2人を立て続けに亡くすという辛い想いをしている。

セリーヌの夫でマネージャーだったレネ・アンジェリル氏は木曜日(1月14日)、咽頭がんのため死去。今週終わり、彼の遺志に従い、2人が21年前に結婚式を挙げたカナダ・モントリオールの教会で葬儀が開かれる。

ラスベガスで長期公演中のセリーヌは、週末(16,17日)の公演を中止したが、次回予定されている2月23日の公演から再開するという。そして、これとは別に2月3日、夫のために追悼公演を開くそうだ。いち早くセリーヌの才能を見出し、ずっと公私共々、彼女の支えとなってきたアンジェリル氏は、最後の時期にあっても、「歌い続けてほしい」とセリーヌがステージに立つことを望んでいた。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報