ペット・ショップ・ボーイズ、4月にニュー・アルバム

twitterツイート

ペット・ショップ・ボーイズがこの春、13枚目のスタジオ・アルバムとなる『SUPER』をリリースする。新作は2013年の『Electric』以来、およそ3年ぶりとなる。

◆ペット・ショップ・ボーイズ画像

前作同様、スチュアート・プライスがプロデュース。「Happiness」「The Pop Kids」「Twenty-Something」「Groovy」「The Dictator Decides」「Pazzo!」「Inner Sanctum」「Undertow」「Sad Robot World」「Say It To Me」「Burn」「Into Thin Air」の12曲を収録する。


ニール・テナントは、新作について「僕ら、全体を通じエレクトロニック・ムードがとても強いアルバムを作りたかったんだ。『Electric』はペット・ショップ・ボーイズの“再起動”のようなもので、僕らはエレクトロニック・ミュージックが好きだったからこの世界に入ったんだってことを思い出させてくれた。それ以前の僕らは、エレクトロニック純粋主義者ではなかった。いつも、ほかの楽器やオーケストラなんかを入れていた。このアルバム(SUPER)とElectricは、純粋なエレクトロニック・アルバムだ」と話している。

また、デビュー・アルバム『Please』リリース30周年となる今年、彼らは7月にロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで4日間スペシャル公演を行なう。チケットは早々に売り切れた。




『SUPER』は4月1日にリリースされる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報