ラーズ・ウルリッヒ、ザ・ブラック・キーズら、ロックの殿堂入りのゲストに

twitterツイート

4月に開かれるロックの殿堂入りのセレモニーで、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、ザ・ブラック・キーズ、マッチボックス・トゥエンティのロブ・トーマスがスペシャル・ゲストとして出演することが明らかになった。

また、ソングライター/プロデューサーの故バート・バーンズが、功労賞(Ahmet Ertegun Award for Lifetime Achievement)を受賞するという。

2016年度は、チープ・トリック、シカゴ、ディープ・パープル、スティーヴ・ミラー、N.W.A.が殿堂入りする。セレモニーは4月8日にNYブルックリンのバークレイズ・センターで開かれる。

プレゼンターやパフォーマーはまだ発表されておらず、現時点では、ラーズがどんな役割を果たすのかわからないが、ディープ・パープルを殿堂入りさせろと声高に訴えていたことから、彼らのプレゼンターを務めるのではないかと予想される。

また、殿堂入りするアーティストのパフォーマンスのほうは、現在のところ、シカゴとピーター・セテラのリユニオンの可能性は低く、ディープ・パープルも誰が出席するのかは不明だ。イアン・ギランは、歴代メンバー全員が殿堂入りするわけではないことに不満を持っており、欠席をほのめかすような発言をしている。リッチー・ブラックモアも出席しないのではないかと考えられている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報